半分、青い。りょうちゃん(涼次)の再登場とまさかの再プロポーズ

 

朝ドラ『半分、青い。』では、鈴愛の前の旦那の涼次(りょうちゃん)が再登場することが判明しました。

 

涼次は映画監督を本格的に目指すために、あたかも鈴愛や花野を捨てるように一方的に離婚したのはまだ記憶に新しいところ。

 

かなりのダメンズぶりを見せつけて、ドラマからも退場していきました。

 

そんな涼次がドラマに帰ってくることになります。

 

しかも鈴愛に再プロポーズするということですから、気になります。

 

 

りょうちゃん(涼次)の再登場とまさかの再プロポーズ

 

スポンサードリンク



&nbsp

涼次の再登場はドラマの最終盤です。

 

鈴愛と律がタッグを組んで「優しい風の扇風機」のそよ風ファンを製作。

 

しかし商品化するためにはより多くの資金が必要で、出資者を募ることになります。

 

このあたりで力を発揮するのは、人のアイデアをブローカーのように売り歩いてきた津曲雅彦(有田哲平)。

 

彼は豊富な人脈をフルに活用して投資家をかき集めて、そよ風ファンのお披露目会を開催します。

 

ちょっと怪しげな津曲ですが、このあたりは口八丁手八丁の彼の得意なところです。

 

そして投資家たちにそよ風ファンをプレゼンするのですが、口頭や紙面での説明よりも、やはり動画や映像のほうがよりコンセプトが伝わるという結論になります。

 

とはいえ、既にかなりのお金をそよ風ファンに使っている鈴愛や律には、金銭的な不安があります。

 

そのために白羽の矢が立つのが映画監督の涼次という訳です。

 

かなりのダメンズの涼次ですが、さすがに自分から出てくるようなマネはせずに、鈴愛の依頼による再登場する運びとなります。

 

鈴愛もあれだけのことをした涼次に動画の製作を依頼するのは本意ではありませんですが、もはや資金的に余裕もないので仕方なくオファーを出すようです。

 

さすがにプロの映画監督だけあって、涼次の動画はいいものに仕上がります。

 

さらには鈴愛から「お許し」をもらった彼の口から出るのは、まさかの鈴愛への「再プロポーズ」となります。

 

スポンサードリンク



&nbsp

もちろん鈴愛はこれを受けることはなく、ふたりは再婚することはありません。

 

しかし驚くべきは涼次の変貌ぶりです。

 

彼は以前のダメンズではなく、自らの過去の行いを猛省しており、その上での鈴愛への再プロポーズとなるようです。

 

昔のように行き当たりばったりでプロポーズすることではなく、鈴愛の価値を再認識した上なのです。

 

このあたりは涼次の人間的な成長を示す場面です。

 

残念ながら彼の望みは叶うことはありませんが、ふたりの「和解」をきっかけに娘の花野も再び実の父親と会うことができるなど、事態は好転に向かうことになります。

 

視聴者にかなりの反感を買われている涼次ですが、まるで別人のようになってドラマに戻ってくるようです♪

 

このあたりは楽しみですね~

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク



&nbsp

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ