わろてんか|伊能栞の結婚相手は誰?モデル小林一三の驚きの結婚遍歴

 

朝ドラ『わろてんか』では、なにかにつけていい所に現われるのが、

高橋一生さん演じる伊能栞です。

 

当代随一の落語家の喜楽亭文鳥が風鳥亭の高座に上がったのも

伊能の進言がきっかけでしたし、昼の興行など何かとアドバイスを

授けてくれます。

 

彼は当初はてんと結婚する予定でしたが、彼女と藤吉は正式に結婚して

子供まで生まれましたから、その可能性は完全になくなりました。

 

そんな伊能の今後の結婚相手や嫁になるのは誰なのでしょうか?

 

モデルとなっている実業家の小林一三には驚きの結婚遍歴があるので

気になります!

 

 

伊能栞の結婚相手は誰?モデル小林一三の驚きの結婚遍歴

 

スポンサードリンク

 

まず伊能のモデルとなっている阪急電鉄グループ創立者の小林一三の

結婚遍歴のご紹介から。

 

小林は慶應義塾正科(現在の慶応義塾大学)を卒業して明治25年(1892年)

に、三井銀行に就職しています。

 

そして大阪支店に勤務していた当時、9歳年下で芸者見習いをしていた

(コウ)という女性と恋に落ちます。

 

ところが明治30年(1997年)に小林は名古屋支店に左遷されていますが、

これは半ば彼が幸と別れることを望んだからとも言われています。

 

いずれにしてもこの時期に小林と幸は別れています。

 

再度大阪支店に戻った彼は、良家の子女と見合い結婚することになります。

 

これでメデタシメデタシと思いきや、実は小林と幸の関係もいつの間にか

復活しており、小林は新妻をほったらかしにして幸とともに有馬温泉で

3日間過ごします。

 

そして小林が帰宅すると、新妻は既に実家に帰ってしまった後でした。

 

妻は呆れ果ててしまったのか、あるいは深く傷ついたのかは不明ですが、

いずれにしても小林は新婚の夫としてはかなり不埒な行動に出ています。

 

小林はもともと小説家志望で、本腰を入れて銀行の仕事に打ち込んで

いなかったこともあり、銀行内の評価は芳しくありませんでした。

 

それに加えて妻に逃げられたということで評価はガタ落ちすることに

なります。

 

スポンサードリンク

 

そのため元上司の岩下清周が「日本初の証券会社を作ろう」と勧誘した際に

は、渡りに船とばかりに話に乗って三井銀行を退職していますが、

その間に小林は幸と再婚しています。

 

かなり遠回りをした小林と幸の結婚でしたが、幸はいわゆるアゲマンで、

どこか緩いところがあった小林も以降は仕事にまい進することになります。

 

証券会社の設立こそ恐慌で立ち消えになりましたが、箕面有馬電気軌道

(阪急電鉄の前身)を立ち上げると辣腕を振るって、阪急グループを

築くことになります。

 

幸との間には三男、一女が生まれ、長男の富佐男と次男の辰郎は

東宝の社長を務め、三男の米三は阪急電鉄の社長を務めるなど、

みな優秀でした。

 

前置きが長くなってしまいましたが、ドラマの伊能栞の結婚相手となるのは

誰でしょうか?

 

伊能はいちおう小林がモデルとなっていますが、東宝の社長を務めていた点

のみがドラマに反映されており、ドラマオリジナルの面が非常に多い

キャラクターです。

 

しかも前記のように小林の結婚遍歴は決して褒められたものではないので、

伊能の結婚相手や嫁もドラマオリジナルの展開になるでしょう。

 

そして現時点で有力なのが、女芸人のリリコです。

 

ドラマの前半では伊能とリリコの絡みはあまりありませんが、

その後にリリコは伊能が製作する活動写真の女優として起用される

ことになります。

 

リリコは伊能に反発したり、仲直りしたりとそれなりの人間ドラマも

あるようですから、ふたりの関係は恋へと発展する可能性もあるでしょう。

 

とは言え、彼女以外の独身女性の登場人物は藤吉の許嫁だった楓と

てんのお付のトキだけという少なさです。

 

今後新たな人物が登場して、伊能と結ばれる可能性も否定できませんね~

 

また伊能がドラマの最後まで結婚しない可能性もありますが、

いずれにしてもこのあたりはドラマの後半戦でハッキリするでしょう。

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ