わろてんか|伊能栞の新事業は活動写真!秘密も明らかに

 

朝ドラ『わろてんか』では、実は伊能栞(高橋一生)は

新規事業に向けて動いていました。

 

表向きは伊能製薬の貿易部門の会社の社長を務めていますが、

活動写真の会社を立ち上げることになります。

 

「活動写真」とは現在の映画のことで、大正時代あたりまでは

こう呼ばれていました。

 

活動写真は明治29年(1896年)に日本に上陸して、翌年には

大阪市の南地演舞場で日本初となる上映がおこなわれています。

 

そして明治末期から大正時代にかけて、多くの活動写真の会社が

立ち上げられますが、ドラマの伊能もその流れに乗るようです。

 

 

伊能栞の新事業は活動写真!秘密も明らかに

 

スポンサードリンク

 

伊能栞には実は秘密があって、もともとは東京出身で妾の子です。

 

中学生の時に跡継ぎの保険として大阪に呼ばれて以来、

母親の消息もわからないという設定。

 

子どもの時に母親とよく活動写真を見に行っており、

そのため自分の手で母親が好きだった活動写真を作りたい

という想いも胸にしています。

 

こうした経緯から伊能は貿易会社をほっぽり投げても、

活動写真制作会社の設立に奔走しているわけなのです。

 

また彼はちょくちょく寄席などに顔を出しますが、

これらも活動写真のために庶民の娯楽をリサーチしている

ためです。

 

神出鬼没の伊能ですが、ちゃんとした訳があるのですね~

 

そんな伊能ですが、後に大ピンチに陥ることになります。

 

スポンサードリンク

 

父親の伊能忠春が引退して義理の兄が伊能製薬を継ぐと、

伊能はすべての役職を解かれることになります。

 

どうやら腹違いの兄とはうまくいっていないようで、

兄のほうも自身の立場を守るために、伊能から

すべてを奪ってしまうことになります。

 

とは言え、その頃には既に伊能は自力で活動写真の制作会社を

立ち上げていますから、以降は活動写真一本に賭けることになります。

 

伊能家の後ろ盾を失っていますから資金も限られますが、

寄席を経営得するてんや藤吉と切磋琢磨しながら、

会社を成長させていくことになりそうです。

 

他の記事でもご紹介しましたが伊能のモデルとなっているのが、

阪急電鉄の創始者で宝塚歌劇団や東宝を育てた小林一三です。

 

そのため伊能の新事業である活動写真も、東宝が成功した

経緯に鑑みればきっとうまくいくはずでしょうね~

 

ライバルの松竹にあたる会社がドラマで登場するかは不明ですが、

昭和初期には自作の映画を製作して、庶民に多くの娯楽を

提供することになりそうです。

 

まぁ~伊能も主要登場人物ですから山あり谷ありといった

ところでしょうが、彼の奮闘にも期待が集まります♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ