わろてんか|トキの今後や再登場はいつ?重要な役割を果たす!

 

朝ドラ『わろてんか』では、藤吉の実家の北村屋が

ついに廃業してしまいました。

 

先代が作った借金を埋め合わせててんとの結婚を認めさせようとした

藤吉ですが、一山当てようとした電髪は見事に失敗し万事休すとなります。

 

とは言え、このことがきっかけでてんや藤吉は興業の世界に

足を踏み入れるので、決して悪いことばかりではないですね♪

 

ところで北村屋の廃業とともに、京都の藤岡屋から派遣されていた

てん付きの女中のトキが戻されました。

 

ここまで献身的にてんを支えてきたトキですが、ドラマからの退場は

淋しいところです。

 

とは言え、トキはドラマに再登場して重要な役割を

果たすことになります。

 

 

トキの今後や再登場はいつ?重要な役割を果たす!

 

スポンサードリンク

 

トキがドラマに再登場するのは、てんや藤吉が寄席の風鳥亭を

はじめてしばらく経ってからです。

 

当初は素人ゆえに寄席の経営にも四苦八苦するふたりですが、

名うての商売人である琢子の指導のもと、徐々に寄席の経営状態も

上向きになっていきます。

 

またてんの実家の藤岡屋では当主の儀兵衛が亡くなって、

りんと婿が跡を継ぐのですが、ふたりはしっかりと切り盛りするため、

代替わりもスムーズにいくようです。

 

そんなタイミングでトキは再びてんを助けるために、

京都から大阪にやって来ることになります。

 

やはり彼女にとっては一にも二にもてんなのでしょうね~

ドラマでも再びふたりの絡みを見ることができるのは嬉しい限りですね♪

 

このような形でドラマに再登場するトキですが、

その後は重要な役割を果たすことになります。

 

スポンサードリンク

 

トキは風鳥亭で働くことになりますが、お茶子の仕事を

することになります。

 

お茶子とは寄席に入場した客の案内係ですが、寄席の経営を

左右するほど重要な役割を担っていました。

 

当時の寄席は椅子席ではなく、座布団に座って観劇するものですから、

お茶子の座布団の敷き方次第で収容人数も変ってくるのです。

 

腕のいいお茶子になると、満杯になった客席でも尻などを突っ込んで

スペースを作って、そこに座布団を置いてしまうといいますから

驚きですね。

 

お茶子をはじめるトキですが、さっそく座布団をひと回り小さくする

ことを提案し、風鳥亭の収容人数を2割増しにします。

 

ドラマの序盤では女中仕事ばかりだったトキですが、

啄子も彼女の商売のセンスの良さを気に入って感心します。

 

このようにドラマに再登場するトキは、早々に手柄を立てて

風鳥亭の大きな戦力となっていきます。

 

後にてんや藤吉は他の寄席を買収して徐々に経営規模を広げて

いきますが、そこには彼女の尽力も欠かせないでしょう。

 

ちなみにトキの再登場はドラマの8週目となります。

 

彼女のキレのある仕事ぶりにも注目ですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ