わろてんか|藤吉郎のモデルの吉本泰三のダメ亭主ぶりが凄い!

 

朝ドラ『わろてんか』で、今一つ不評なのがヒロインてんの

夫となる藤吉です。

 

他の記事でもご紹介しましたが、キャストに松坂桃李さんを

起用しながらもどうもここまではキャラクターが中途半端で

視聴者の共感を得ていないようです。

 

また彼は芸人でも商人でもダメっぷりが際立っており、

見ていても辛いものもあります。

 

とは言え、藤吉のモデルとなっている吉本泰三もかなりの道楽者で

ダメ亭主として知られています。

 

そんな泰三にまつわるダメ男・ダメ亭主ぶりを表すエピソードを

ご紹介します。

 

(左端が泰三、右端がせい)

 

藤吉郎のモデルの吉本泰三のダメ亭主ぶりが凄い!

 

スポンサードリンク

 

①かなりの気弱

 

吉本せいの夫の泰三はかなり気弱な人物だったとされています。

 

せいが吉本家に嫁いで来た時には、既に稼業でもある荒物問屋

「箸吉」の家計は火の車でした。

 

そのためたびたび借金取りが家に押しかけてきたのですが、

泰三はそのたびにどこかに隠れてしまい、せいに交渉を

押し付けていました。

 

またせいは姑のユキからたびたびいびられたり、嫌味を

言われていましたが、泰三は一切せいを庇うことは

ありませんでした。

 

泰三にとってもユキは実母ではなく、その関係もうまくいって

なかったとのことですが、やはりこのあたりにも彼の気の弱さが

感じられます。

 

②放蕩三昧で家業が破産

 

当時の大阪の商家の旦那や若旦那は芸人道楽が少なくありません

でしたが、泰三のそれは度を越えていました。

 

家業が傾いているにも関わらず、家に帰らずに毎日のように

遊び歩いています。

 

また旦那芸として覚えた剣舞にハマって、自らも舞台に立つほど

入れ込みます。

 

果ては「女賊島津お政本人出演のざんげ芝居」という

得体の知れない一座の太夫元(興行主)になって、

地方巡業の旅に出ています。

 

しかも本人も幕の合間に紋付き袴に白だすきといういで立ちで

舞台に立って、得意の剣舞を披露しています。

 

さらにはこの地方巡業は地方の興行師に騙されるなどして

大失敗に終わり、家業の箸吉も破産する原因となっています。

 

ドラマの北村屋のモデルとなっている箸吉ですが、

まさに泰三の放蕩が原因で潰れてしまっています。

 

スポンサードリンク

 

③かなりの無神経

 

箸吉が廃業となった後、吉本せいは義母のユキとの折り合いの悪さ

もあって、実家の林家に戻っています。

 

ところが地方巡業から戻って来た泰三も、無一文でせいの実家に

転がり込んで来ています。

 

通常ならば自分の放蕩が原因で店を潰し、妻を路頭に迷わせるなど、

その父母には会わせる顔もない、と言ったところですが

泰三は違うようです。

 

彼は林家でもご飯を遠慮なくおかわりし、晩酌をするなど、

常人ならば考えられないような無神経とも思われる振る舞いも

しています。

 

④面倒なことはすべて押し付けて、あっけない最期

 

吉本せいと泰三の夫婦はほとんど無一文の状態でしたが、

寄席の経営という大勝負に勝利。

 

創設した吉本興業部は後に大阪の演芸会を席巻するほどの

勢力となりますが、ほとんどのことを切り盛りしたのはせいです。

 

寄席の経営の発案など、泰三をプロデューサーとして評価する

向きもありますが、基本的には泰三は相変わらず遊興に耽っていた

ようです。

 

泰三は大正13年(1924年)2月に脳溢血で倒れて帰らぬ人となりますが、

実は倒れたのは妾の家で、「腹上死」だったとする見解もあります。

 

このように泰三のダメ男・ダメ亭主ぶりを如実に示すエピソードは、

数多く存在します。

 

一般的な彼の評価は甲斐性なしの「アホぼん」というものが多いです。

 

しかし吉本興業部は寄席のM&Aを繰り返し急速に拡大しましたが、

それは泰三の発案と計画と言われており、彼がいなければ

吉本の急成長もなかったはず。

 

またせいも17年間の結婚生活でしたが、泰三との間に6人の子どもを

産むなど、最後まで添い遂げています。

 

旦那が旦那だけにかなりの苦労をすることになりましたが、

彼女自身もある程度は納得していたようですね。

 

このような泰三がモデルとなっている藤吉は、

今後はどのように描かれるのでしょうか?

 

このあたりには期待です!

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ