わろてんか|鈴木京香の啄子の死や最後!衝撃の今後と結末!

 

朝ドラ『わろてんか』では、鈴木京香さん演じる

啄子(つえこ)が好評です。

 

啄子はいけずな始末屋という設定で当初はてんに厳しく

接しますが、すべては藤吉への愛情の現れです。

 

またてんや藤吉はモデルの吉本せいや泰三の夫婦と同じく、

後に寄席の経営に乗り出すことになりますが、

ドラマでは彼らの商売の師匠は啄子です。

 

てんや藤吉も啄子にビシビシと鍛えられて、

真の経営者となっていきます。

 

啄子は嫁いびりだけではなく、今後も非常に重要な役割を

担っていくことになります♪

 

そんな彼女の死や最後はどのようなものとなるのでしょうか?

 

実は衝撃の今後と結末が用意されていました。

 

 

鈴木京香の啄子の死や最後!衝撃の今後と結末!

 

スポンサードリンク

 

まず他の記事でもご紹介しましたが、啄子が女主人として

経営する老舗米問屋の北村屋は倒産・廃業に至ります。

 

北村屋には啄子の亡き夫が残した多額の借金があり、

それを巻き返そうと藤吉が勝手に電髪(パーマ機)の

もうけ話に乗って騙されて、北村屋は万事休すとなります。

 

ところが啄子の真価が発揮されるのはそれ以降です。

 

てんと藤吉は勢いで寄席を経営することになりますが、

素人同然で随所にほころびが生じます。

 

そのため寄席の経営もなかなか軌道に乗りません。

 

しかしそこでアドバイザー的な役割を果たすのが啄子です。

 

彼女は「始末」「才覚」「算用」など商売の根本についての

確かなポリシーを持っていることから、それが寄席の経営にも

活かされて徐々に経営も上向きとなっていきます。

 

まさに彼女の経営手腕によって、てんや藤吉も救われる

ことになるのです。

 

寄席の経営が軌道に乗ると、てんと藤吉は正式に祝言を

挙げることになりますが、それを見届けた啄子は

衝撃の行動に出ることになります。

 

スポンサードリンク

 

てんと藤吉の挑戦に刺激された啄子は、なんとアメリカに渡り

新たな挑戦をすることになります。

 

アメリカで会社を経営する知り合いの誘いがきっかけですが、

外国で新境地を切り開くというわけです。

 

いや~啄子のまさかの渡米には伏線なども引かれないようなので、

かなりのサプライズとなりそうです。

 

またこれによって彼女はドラマから退場しますので、

その死や最後は恐らくは「ナレ死」ということになりそうです。

 

ドラマではヒロインのてんが50歳になるまでが描かれますから、

ドラマの後半のどこかで啄子の死が挿入されそうです。

 

ちなみに啄子のモデルとなっている吉本せいの義理の母の

吉本ユキですが、生没年などの詳細は不明です。

 

そのため啄子の渡米などは実話ではなく、ドラマオリジナルの展開です。

 

他の記事でもご紹介しましたが、ユキはせいにかなり強く当たった

ことからふたりは相当の不仲でした。

 

せいが嫁入り後、2年ほどで家業の「箸吉」は廃業となりましたが、

その後は彼女はいったん実家に戻って、舅と姑夫婦とは別居しています。

 

これはせいもユキのことを嫌ったからとされていますが、

恐らくはその後はふたりの絡みはほとんどなくなったようです。

 

ドラマでは啄子はてんに商売の何たるかを叩き込む恩人ですが、

史実はまったく異なるのです。

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ