わろてんか|楓の驚きの今後や職業!再登場はいつ?

 

朝ドラ『わろてんか』では、北村屋の女主人の啄子が

勝手に決めた藤吉の許嫁のが登場。

 

彼女はこの結婚に賭けており、てんに対する敵意も

むき出しにしています。

 

楓とてんは嫁の座を賭けて争うことになりますが、

このあたりはなかなか見どころがありそうです。

 

そんな楓は最終的には北村屋を去ることになりますが、

後に思わぬ形で再登場することになります。

 

 

楓の驚きの今後や職業!再登場はいつ?

 

スポンサードリンク

 

てんに対し敵対心をむき出しにしていた楓ですが、

実はやきもちが原因でした。

 

藤吉の許嫁になっていた彼女ですが、本来は親が決めた

結婚については快く思っておらず、自分のことは自分で決めたい

と思っていました。

 

しかし見合い結婚が当たり前の時代でしたし、

彼女もこの点については諦めていました。

 

ところがそんな彼女の前に藤吉と駆け落ちしてきた

てんが現れます。

 

周知の通りてんは親の見合いの勧めを断って、

藤吉と生涯連れ添うつもりで北村屋にやってきました。

 

親に勘当されてまで自分を貫いた彼女の姿を見て、

楓は自分自身を不甲斐なく思うとともに、

てんに対しても嫉妬心を抱いてしまったのでした。

 

また楓は与謝野晶子の歌集を愛する進歩的な女性で、

実は歌人になることを夢見ていました。

 

このあたりも親が決めた結婚により封印するのですが、

てんの姿に影響を受けて彼女も自ら決めた道を歩む決断をします。

 

最終的には楓はこれらのことをてんに告白して和解し、

北村屋を去っていくことになります。

 

登場当初はかなり感じの悪かった彼女ですが、

実は聡明な女性で大きな理想の持ち主でもあったのです。

 

そんな楓ですが、後に驚きの再登場を遂げることになります。

 

スポンサードリンク

 

楓が再登場するのは、てんと藤吉が寄席の風鳥亭をはじめる頃です。

 

風鳥亭は当初は鳴かず飛ばずでその経営も危ぶまれますが、

大物落語家の喜楽亭文鳥の出演に漕ぎつけることになります。

 

そこでマスコミを利用して風鳥亭のアピールをすることに

なるのですが、新聞記者のひとりとして登場するのが楓です。

 

当時の新聞記者に女性はほとんどいませんでしたが、

楓は立派な「職業婦人」となって再登場します。

 

彼女は新聞記者をやりながら歌人を目指しており、

風鳥亭に関してもいい記事を書いてくれて、

そのアピールに一役買うことになるのです。

 

楓が新聞記者として再登場するのは予想だにできませんでしたが、

旧知のてんや藤吉の寄席の経営に助力するなどのエピソードは

心暖まるものになりそうです。

 

もしかしたらその後に、大きな夢である歌人になって

再々登場することもあるかもしれませんね♪

 

てんと楓が友情を育んでいく様子にも期待です。

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ