わろてんか|万丈目吉蔵(藤井隆)のモデルや役どころ!売れない芸人

 

朝ドラ『わろてんか』では、お笑いの世界を描いているだけに

ドラマにも多くの芸人が登場します。

 

藤井隆さん演じる万丈目吉蔵もそのひとり。

 

彼は芸人長屋の住人のひとりで、後に長屋に引っ越してくる

ことになるてんや藤吉夫婦の面倒を見るなど、

世話好きないい人です。

 

本業は後頭部に面をつけて後ろ向きで舞う舞踏である

「後面(こうめん)」を持ちネタにする芸人ですが、

まったく面白くなく仕事もほとんどありません。

 

そのため一膳飯屋「万々亭」を経営する妻の歌子のヒモ状態ですが、

夫婦げんかも絶えないという設定です。

 

そんな万丈目吉蔵のモデルや役どころをご紹介します。

 

 

わろてんか|万丈目吉蔵(藤井隆)の役どころ!売れない芸人

 

スポンサードリンク

 

藤井隆さん演じる万丈目吉蔵は当初はてんと藤吉が開いた

「風鳥亭」に出演して後面を披露しますがやっぱり面白くなく、

お客にウケません。

 

とは言え、特に藤吉とは仲が良く、友情も芽生えていくことから、

寄席の経営に奮闘するてんと藤吉の心の支えになっていくことに

なります。

 

芸人としては戦力になりませんが、風鳥亭をバックアップしていく

重要な役割も果たすようですね~

 

しかもその後に芸よりも面白いと言われた妻の歌子との夫婦喧嘩を

逆手にとって、なんと夫婦(めおと)漫才をはじめることになります。

 

恐らくはこれによって吉蔵と歌子のコンビは売れて、

てんと藤吉が経営する興行会社の北村笑店の主力コンビになっていく

ことが予想されます。

 

下積み生活も非常に長いと思われる吉蔵ですが、

ドラマでは日の目を見る日もやって来るようですね~

 

万丈目吉蔵のモデルは?

 

スポンサードリンク

 

このような万丈目吉蔵ですが、そのモデルとなった芸人は

いないように思えます。

 

ドラマの舞台となっている時代の吉本興業部には、

日本チャップリンと梅廻家ウグイス、ミスワカナと玉松一郎などの

夫婦漫才のコンビがいましたが、どうも吉蔵と歌子のコンビには

ピタッと当てはまらない気もします。

 

吉蔵と歌子は夫婦漫才のパイオニア的な存在となっていくので、

その点だけに注目すれば日本チャップリンと梅廻家ウグイス

コンビが浮かび上がりますが、当初は東京で活動してから

吉本入りした経緯などに照らし合わせるとピンとこない気がします。

 

 

そのため吉蔵のモデルはなく、ドラマオリジナルのキャラクターの

可能性が高いのですが、戦前の吉本興業部の専属芸人は500人以上

いましたので、後にモデルとなっている人物が判明した場合には

追記しておきます。

 

いずれにしても「まったく面白くない芸人」である吉蔵も

日の目を見る日が来るようです。

 

どれだけ面白くないのかなども興味深いところですから、

そのあたりにも注目ですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ