わろてんか|儀兵衛(遠藤憲一)の死や最後|死因はなに?

 

朝ドラ『わろてんか』では、ヒロインてんの父親は

遠藤憲一さん演じる藤岡儀兵衛です。

 

儀兵衛は「ギョロ目の鬼さん」と呼ばれるほどの堅物で、

いつも仏頂面でてんに「笑い禁止令」さえ出します。

 

しかしそのコワモテな表情とは反対に実は家族を愛しており、

てんにも深い愛情を注いでいます。

 

とは言え、藤岡屋の当主の儀兵衛は大きな責任と悩みを

背負っています。

 

経営する藤岡屋は京都でも一、二を争うほどの大店の薬種問屋ですが、

時代は和漢薬から洋薬への過渡期でかじ取りが難しい時期です。

 

加えて自らの後継者で頭脳明晰である長男の新一が夭折してしまうため、

藤岡屋の前途にも暗雲が漂いはじめてきます。

 

そんな儀兵衛の死と最期をご紹介します。

 

 

儀兵衛(遠藤憲一)の死や最後|死因はなに?

 

スポンサードリンク

 

まず儀兵衛のモデルとなっているのは、ヒロインのモデル

吉本せいの実父の林豊次郎です。

 

豊次郎はせいが幼い時に明石から大阪に出てきて米穀商を

はじめていますが、生没年を含めて詳細はほとんどわかっていません。

 

そのためドラマの儀兵衛もほぼドラマオリジナルのキャラクター

と言って差し支えなく、そのエピソードなどもほとんどが

フィクションです。

 

このように史実の裏付けがない儀兵衛ですが、ドラマの中で

死を迎えるのは比較的早く、第8週で死んでしまいます。

 

その頃はちょうどてんは夫の藤吉とともに、儀兵衛が用立ててくれた

500円を元手に寄席の経営をはじめたころです。

 

実は儀兵衛はてんに寄席の経営資金を貸した頃には

既に病に冒されており、それが死因(病名は不明)になりました。

 

しかし儀兵衛は自らの病気や死をてんに知らせないことを

命じていたため、てんがその死を知ったのは四十九日も

終わった後でした。

 

スポンサードリンク

 

てんや藤吉にとって寄席の経営は悲願でもあり、

正念場を迎えていたことから、儀兵衛はこのような

措置をとったのでしょう。

 

そのためてんは儀兵衛の死に目には会えませんし、

ドラマでも彼の死が描かれる可能性は低いです。

 

恐らくは儀兵衛の死はセリフで済まされる模様です。

 

そして前記の寄席の経営資金を貸し付けるエピソードが

儀兵衛の最終登場シーンとなりそうですから、

ドラマの第6週で見納めとなりそうです。

 

遠藤憲一さん演じる儀兵衛は主要登場人物の中でも、

千葉雄大さん演じる新一に次ぐ早さでドラマから退場

してしまいます。

 

史実の縛りがないにも関わらず、これは残念ですね~

売れっ子である遠藤さんのスケジュールの都合などが

あったのでしょうか?

 

いずれにしても儀兵衛は比較的早めにドラマから退場と

なってしまいます。

 

とは言え、てんと藤吉の結婚を許すシーンや前記の寄席の

経営資金をてんに貸し付けるエピソードなど、

大きな見どころもあるので期待です。

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ