わろてんか|藤岡新一(千葉雄大)の死や最後|病気や死因は何?

 

朝ドラ『わろてんか』では、ヒロインてんの兄として

藤岡新一(千葉雄大)が登場します。

 

新一はてんにとっては優しい兄で、実直な父親の儀兵衛を尊敬

するなど、典型的な「理想の息子」です。

 

また頭脳も明晰で帝大の薬学科に進学し、将来は薬の研究のために

ドイツに留学するという夢を持っています。

 

ただし気になるのは、幼少期から病弱なことです。

 

ドラマの舞台が明治43年(1910年)になり、てんも年頃の娘に

成長した頃には、新一は病気のために大学を休学して

実家で療養生活をすることになります。

 

そんな新一ですが、物語の序盤でまさかの早逝となります。

 

 

藤岡新一(千葉雄大)の死や最後|病気や死因は何?

 

スポンサードリンク

 

新一が亡くなってしまうのは、何と物語の第2週です。

 

持病のぜんそくが悪化してたびたび発作を起こすのですが、

どうやらそれが死因になってしまうようです。

 

キャストに期待の若手俳優として注目されている千葉雄大さんを

起用しながらも、あっさりとドラマから退場してしまうのは

ちょっと驚きですね?

 

もしかしたら回想シーンなどで登場するかもしれませんが、

ドイツへの留学を夢見ているなど、キャラクターの造形も

細かかっただけにかなり残念でした。

 

スポンサードリンク

 

また新一のモデルとしては、史実の吉本せいの実弟の林正之助や

弘高の可能性もわずかながらありましたが、彼の早逝で

その可能性もなくなりました。

 

両名ともに長きにわたり姉のせいを支えていますから、

ドラマの新一は完全にドラマオリジナルのキャラクターと言って

差し支えないでしょう。

 

また新一はヒロインてんの実家の老舗薬種問屋「藤岡屋」の

跡取り息子でしたから、藤岡屋は後継者を失うことになります。

 

そのためてんが兄の遺志を継いで婿を取って藤岡屋を継ごうとしますが、

松坂桃李さん演じる北村藤吉と恋に落ち結婚することになるので、

これは実現しません。

 

最終的にはてんの妹のりん(堀田真由)がこの役割を果たそうとしますが、

将来的にどうなるかは現時点では不明です。

 

優しい兄であるばかりか将来をも嘱望されていた新一の死によって、

てんをはじめとする藤岡家は悲しみのどん底に突き落とされることに

なります。

 

また後継者を失うことになるので、彼の死は藤岡屋の屋台骨を揺るがす

ことにもなってしまいます。

 

今後のドラマの展開にも大きな影響を及ぼすことになる

まさかの新一の死ですが、キャストの千葉雄大さんの演技も含めて

注目ですね。

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ