ひよっこ|早苗の結婚相手が判明!ドラムスティックの秘密とは?

 

 朝ドラ『ひよっこ』では、あかね荘の住人のひとりの早苗が

結婚するという急転直下の驚きの展開となります。

 

当初は嫌味でヒステリックなOLとして登場した早苗でしたが、

実はとても優しく思いやりのある女性でした。

 

しかもなかなか頭脳も明晰で、その高い分析力などは

あかね荘のメンバーたちの問題をも解決し、

今ではドラマにはなくてはならないキャラクターになっています。

 

その反面、見合いを連続で断っていたり、ドラマに登場した

意味深なドラムスティックなど、秘密が多いのも確かです。

 

そんな早苗の秘密が明らかになって、

結婚することにもなります。

 

 

早苗の結婚相手が判明!ドラムスティックの秘密とは?

 

スポンサードリンク

 

【見合いを連続で断っているわけ】

 

早苗は30回以上も見合い相手に断られていますが、

実は自分からそう仕向けていたのです。

 

彼女には将来を誓った意中の人物がおり、

その帰りを待っているのでした。

 

しかしそんな事情を知らない早苗の両親は、

娘の将来を危惧して次々と見合いの席をセッティング。

 

そのためわざと見合い相手に嫌われるような嫌味を言って、

相手側から断りを入れさせていました。

 

かつて愛子さんは見透かしていましたが、やはり根は優しく

美人の早苗がここまで見合い相手に断られているのは、

彼女の作戦だったというわけです。

 

【ドラムスティックの意味は?】

 

早苗の意中の人物はドラマーです。

 

そのなれ初めは10年以上前に遡り、早苗が高校を卒業して

上京したての18歳だった頃。

 

銀座のデパートの屋上に上るためにエレベーターに乗ったのですが、

突然の故障で閉じ込められてしまいました。

 

乗っていたのは早苗と25歳くらいの男性のふたりです。

 

高校を出たばかりの早苗は恐怖のあまりただただ泣きじゃくり

ましたが、その男性は終始彼女を励まし続けました。

 

結局は5時間後にエレベーターは動き出しますが、

なんとふたりはその間に恋に落ちていました。

 

さらにその男性は普段は赤坂のクラブでドラムを叩いていた

のですが、その日の夜の飛行機でニューヨークに音楽留学することが

決まっていました。

 

にも関わらず、男性はその場で早苗にプロポーズして、

早苗もそれを受けました。

 

男性は一人前になったら戻って来て結婚すると言って、

早苗も25歳までは待つことを約束。

 

しかし彼女が25歳の頃には男性が戻って来ず、

早苗も30歳を過ぎた今でも彼を待ち続けていたのです。

 

ドラマに登場したドラムスティックの秘密には、

驚きの過去が隠されていたのです。

 

スポンサードリンク

 

【早苗の結婚相手は誰?】

 

で、その男性というのは片岡龍二という人物です。

 

長身で長髪、アメリカ西海岸風のサイケデリックな服装に

サングラスと、日本人離れした男性とのこと。

 

ドラマの最終盤で片岡はあかね荘の早苗を迎えに来るのです!

 

それはふたりの結婚を意味しており、早苗も断るわけがありません。

 

こうして彼女は10年来の意中の彼と結ばれることになるのです。

 

長きにわたって思い続けた片岡と10年来の再会のシーンは、

かなりの感動ものになりそうですね~

 

このあたりは早苗のクライマックスになるはずですから

楽しみです。

 

しかも結婚後はふたりは日本を離れ、サンフランシスコに

移り住むというさらに驚きの結末が用意されています。

 

早苗につきましてはドラマの最終盤で秘密が明らかになって、

さらには恋人も登場して結婚するというかなり唐突な展開になります。

 

このあたりはどうやら脚本家の岡田惠和さんの体調不良で、

脚本に遅れが出たことと無関係ではなさそうですね。

 

とは言えあかね荘の主要キャストの早苗も幸せな結末を迎える

ことができるので、めでたしめでたしとしましょう♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ