ひよっこ|ツイッギーって誰?ミニスカートブームが凄まじかった!

 

 朝ドラ『ひよっこ』では、第21週「ミニスカートの風が吹く」で

昭和42年(1967年)からはじまったミニスカートブーム

描かれます。

 

このミニスカートブームは当時の一大ブームメントで、

日本全国津々浦々ではミニスカートを穿いた女性たちが

溢れていました。

 

ドラマでも米子や由香、時子や愛子さん、そしてみね子の

母の美代子までミニスカートをまといそうで楽しみですね♪

 

そして当時の日本にミニスカート旋風が巻き起こる

きっかけになったのが、イギリス出身のスーパーモデルの

ツイッギーの来日です。

 

今回はこれらについてご紹介します。

 

 

ツイッギーって誰!ミニスカートブームが凄まじかった!

 

スポンサードリンク

 

ツイッギーはイギリス出身のスーパーモデルにして、

歌手です。

 

 

昭和24年(1949年)生まれで、来日した昭和42年(1967年)

当時は18歳でした。

 

本名はレズリー・ホーンビーで、華奢な体だったことから

「ツイッギー」(小枝)の愛称で呼ばれて、

れを芸名にしています。

 

初来日したのは昭和421018日で、既に「ミニスカートの女王」

と呼ばれていましたが、彼女の来日によって前記のミニスカート旋風が

日本に巻き起こります。

 

そして彼女は1026日からはじまった第14回東京モーターショーで、

トヨタ2000GTのモデルを務めますが、わずか5分間の出演だったにも

関わらず、ギャラは500万円+250万円相当のスポーツカーという

破格のものでした。

 

これだけ見ても、いかに彼女が当時の世界的なモデルだったことが

わかりますよね?

 

ちなみに現在でも多くの人に愛されている森永製菓の「小枝」は、

ツイッギーの名前をヒントにして誕生したという小ネタもあります。

 

当時の彼女の動画がありましたので、ご紹介します。


 

ミニスカートブームが凄まじかった!

 

スポンサードリンク

 

ミニスカートが世界的に広まったのは、昭和40年(1965年)の

パリコレで、フランス人デザイナーのアンドレ・クレージュが

ミニスカートを発表したことに端を発します。

 

これははじめて女性が膝上を露出するという画期的な出来事で、

世界中のファッション関係者が衝撃を受けました。

 

以降は世界的にミニスカートがブームになっていくのですが、

前記のように日本では昭和42年のツイッギーの来日で

一気に火がつきます。

 

現在まで女性ファッションのブームは数々ありましたが、

ミニスカートに関しては、「これを凌ぐものはない」とする方

までおり、日本のファッション史においても、

稀に見る爆発的なものでした。

 

 

その特徴のひとつが若者だけではなく、あらゆる世代の女性を

巻き込んだブームになったことです。

 

バブル期に「ボディコン」のアイテムのひとつとして

ミニスカートが再びブームとなりましたが、

それは若者限定でした。

 

しかし第1次ミニスカートブームの際は、30代や40代の女性までもが

こぞってミニを着用しました。

 

当時30代だった美空ひばりさんも着用していますし、

当時62歳だった佐藤栄作首相夫人の佐藤寛子さんまでもが

ミニを穿いていました。

 

このような全世代を巻き込んだファッションのブーム自体が稀で、

それゆえミニスカートブームは日本のファッション史上稀にみる

一大ムーブメントだったことが窺えます。

 

結局ブームは昭和49年(1974年)頃に終息しますが、

その後も女性の制服などにも大きな影響を及ぼしています。

 

 

ドラマでも20代の米子や時子、由香はもちろんのこと、

40代と思われる愛子さんや美代子がミニスカートを着用しても、

史実の観点からは何ら違和感はないのですね~

 

また乙女寮時代の水着着用は結局実現せず「着る着る詐欺」とまで

呼ばれましたが、今回は期待できそうですね♪

 

特にプロポーションのいい時子役の佐久間由衣さんや

早苗役のシシド・カフカさんあたりは映えるでしょうね~

 

『ひよっこ』のミニスカートブームにも注目です!

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ