ひよっこ|みね子がモデルの漫画「恋の初心者」のキャラが凄い!売れるの?

 

 朝ドラ『ひよっこ』では、新田啓輔と坪内祐二の

漫画家コンビは相も変わらず、せっせっと漫画を

描き続けています。

 

藤子不二雄に憧れて上京してきたふたりですが、

藤子にあやかり「つぼ田つぼ助」のペンネームで活動。

 

しかしかつてドラマでも紹介されたふたりの作品

「いつかは空飛べ!ロボッ太くん」は散々な内容でした。

 

ところがみね子をヒロインのモデルにした恋愛漫画

「恋の初心者(ひよっこ)」は、島谷とみね子の

リアルなやりとりを取り入れるなどの内容。

 

また父親の記憶喪失のエピソードなども挿入しており、

まさにみね子の周囲に巻き起こるリアルな実話を描いている

という驚きの作品です。

 

さらにはみね子や時子、愛子さん、早苗といったドラマの

登場人物に酷似しているキャラも登場しています。

 

果たして彼らの「恋の初心者」は売れるのでしょうか?

 

 

みね子がモデルの漫画「恋の初心者」のキャラが凄い!売れるの?

 

スポンサードリンク

 

既に上京して5年が経過しているにも関わらず、

まったく芽の出ない漫画家コンビ。

 

かつて早苗には「貧乏神」と呼ばれてしまうほどで、

いい加減ちょっとはスポットライトが当たってほしい

ところですが、そう簡単に事は進まないようです。

 

みね子が「ねね子」、島谷が「淳一朗」、時子が「まき子」、

愛子さんが「舞子さん」として登場する「恋の初心者」は、

編集者から酷評されることになります。

 

 

(ちなみに作品には実や漫画家コンビ、早苗も登場しています)

 

 

 

その主な理由はヒロインのねね子があまりに

地味なキャラクターであることから、

作品全体も退屈になってしまうとのこと。

 

どうやら「恋の初心者」が日の目を見るのはかなり先

(ないかもしれない)のようです。

 

さらに啓輔は例のごとく要らぬ口を滑らせて、

編集者の評価をみね子に伝えてしまい

彼女を深く傷つけることになります。

 

スポンサードリンク

 

みね子にとってはキャラクターのねね子が地味なのは、

これまで送ってきた自分の人生があまりに地味で、

同世代の女性と比較しても楽しいことが少なすぎると

思いつめてしまうようです。

 

確かに急きょ上京して就職し、給料の大半を仕送りしたり、

一連の実の件もあったことから、みね子にとっては

このように考えてしまうこともやむを得ないところ。

 

みね子を勝手に漫画化したどころか、「恋の初心者」は

かなり罪作りな作品になってしまうようです。

 

ところで「つぼ田つぼ助」の一連の作品を手掛けているのは、

漫画家兼イラストレーターの海老原優さんです。

 

2010年の朝ドラ『ゲゲゲの女房』の劇中の漫画に加えて、

漫画家のえびおそうじ役でドラマにも出演していました。

 

今回の朝ドラでは前記の「ロボッ太くん」へのNHKのオファーは、

「もの凄くつまらない漫画を描いてください」というもの。

 

つまらない漫画なんて簡単と安請け合いしたところ、

「まだ面白い、もっとつまらなく!」とNGの連発を受けて、

相当苦労したようです。

 

面白い漫画を描くのは言わずもがなですが、

極端につまらない漫画を描くのも

プロにとっては大変なんですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ