わろてんか|キース(大野拓朗)のモデルは横山エンタツ!役どころ

 

朝ドラ『わろてんか』では、大阪編の重要人物として

大野拓朗さん演じるキースが登場します。

 

大野拓朗さんと言えば、「とと姉ちゃん」で青柳商店の

跡取り息子の清を演じていましたが、早くもNHKの朝ドラに

再登板です。

 

前作ではキザで軽めのキャラクターを好演していましたが、

今回はさらに重要な役柄となります。

 

そんな大野さん演じるキースは旅芸人一座で育った芸人で、

頭の回転が早く機知に富み、海外文化などにも知識が豊富な

インテリ芸人。

 

メガネがトレードマークで、後にアサリ(前野朋哉)と組んで、

漫才を改革して「しゃべくり漫才」を生み出すという設定です。

 

ドラマでも見どころの多そうなキースですが、そのモデルとなっているのは

戦前から戦後にかけて、しゃべくり漫才で一世を風靡した

コンビ「エンタツ・アチャコ」の横山エンタツです。

 

 

キース(大野拓朗)のモデルは横山エンタツ!役どころ

 

スポンサードリンク

 

横山エンタツは明治29年(1896年)422日に、

祖父は藩医で父親も医者という家系に生まれました。

 

本名は石田正見です。

 

父親は日露戦争で軍医として勤務した後、姫路で開業医となった

ことから、エンタツたち家族もその地に移り住んでいます。

 

裕福な家庭に育ちながらも、エンタツは旧制伊丹中学校(現伊丹高校)を

2年で中退し、「馬賊になる」と言って家を飛び出して職を転々とします。

 

大正のはじめ頃には京城(現在のソウル)の叔父を頼りますが

拒絶されて、演歌師に弟子入りしたり、炭鉱で働いたりと、

大陸でも職を転々とします。

 

その後に大連で新派連鎖座の一座に入り、旅順や奉天、長春などの

中国の主要都市を巡って公演活動をしますが、座長が裁判官に

拘束されたことがきっかけで一座は解散します。

 

エンタツはその後、時田一瓢や堀越一蝶などの一座の巡業公演に参加し、

この頃に姓を「横山」と名乗りはじめます。

 

帰国後の大正8年(1919年)にドラマのアサリのモデルの

花菱アチャコと一座を組んで、「しゃべくり漫才」を披露しますが

不評に終わります。

 

そのためアチャコとはいったんたもとを分かち、中村種春とコンビを組んで

本格的に漫才師として活動をはじめます。

 

さらに昭和3年(1928年)ごろから「横山エンタツ」を名乗り、

この年に半年間のアメリカ巡業に出ます。

 

興行的にはこの巡業は失敗に終わりますが、アメリカで観た

チャップリンなどの喜劇は、彼の後の芸風に大きな影響を与えることに

なります。

 

スポンサードリンク

 

昭和5年(1930年)に吉本せいが経営していた吉本興業部に入社。

 

そこで再び花菱アチャコとコンビを組んで、しゃべくり漫才で

活動をはじめると、爆発的な人気を得ることになります。

 

 

エンタツ・アチャコは押しも押されぬ人気コンビとなりますが、

アチャコの病気を理由にわずか39カ月でコンビを解消しています。

 

戦後は吉本を離れラジオで自身の冠番組などを持って人気を博しますが、

吉本に残って看板芸人になったアチャコの大成功にはかなり見劣りする

結果でした。

 

しかし昭和28年(1953年)に千日グランドのこけら落としで

久しぶりにアチャコとの漫才を披露しますが、ブランクを感じさせない

名コンビぶりを発揮したといいます。

 

昭和38年(1963年)のNHKのテレビ番組内でも、アチャコとの漫才を

披露しましたが、基本的にはエンタツ・アチャコは再結成することなく、

エンタツは昭和46年(1971年)に脳梗塞で死去しています(享年74歳)

 

大野拓朗さん演じるキースのモデルになっている横山エンタツの生涯を

ザックリと説明しました。

 

まさに波乱に満ち溢れた人生と言った感じですし、多くの興味深い

エピソードも抱えていますから、まさにドラマのキャラクターには

うってつけの人物ですね♪

 

ドラマではどうやらキースは幼少期からヒロインのてん(葵わかな)との

絡みがあるようですが、このあたりはドラマオリジナルの流れのようです。

 

とは言え、ドラマでもキースが旧来の漫才(当時は万歳と呼ばれていた)を

改革して、現在にも通じるしゃべくり漫才を考案するエピソードなども

描かれるはず。

 

キャストの大野さんもキースを「奇想天外な行動力」とも語っているように、

非常に魅力的なキャラクターのようですね♪

 

このあたりには注目です!

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ