とと姉ちゃん|東堂先生の旦那泰文(利重剛)の役どころやモデルは?

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』には、常子の女学校時代の恩師の東堂チヨ先生

(片桐はいり)が再登場しました。

 

回想シーン以外ではこのところすっかり顔を見せず、東京大空襲の被害も

心配でしたが、無事のようでホッとしました。

 

しかし戦禍で家が焼かれてしまったようで、親戚の家の物置に旦那の

泰文(利重剛)とともに暮らしているという現況です。

 

ところでいつ間に現われた東堂先生の旦那の泰文ですが、

実は書道家で戦争で利き腕を負傷しています。

 

この泰文の役どころやモデルはどのようなものなのでしょうか?

 

バラック1

 

東堂先生の旦那泰文(利重剛)の役どころやモデルは?

 

スポンサードリンク

 

まず泰文を演じる利重剛(りじゅう ごう)さんですが、

金八先生で有名な脚本家の小山内美江子さんの息子さんです。

 

俳優として様々なドラマや映画に脇役として出演する傍ら、

映画の監督や脚本も執筆するマルチな方です。

 

ちなみにリアルの奥さんは、プリンセスプリンセスのキーボード担当の

今野登茂子さんです。

 

で、泰文は前記のように書道家にも関わらず、利き腕を負傷して

ふさぎ込んでいるという設定。

 

常子や鞠子にとって、東堂先生は大きな影響を受けた恩師ですから、

その恩返しもしたいところ。

 

後に「あなたの暮し」に原稿を依頼することになる平塚らいてうを

知るきっかけになった人物です。

 

そのため常子たちは泰文を元気づけるためにも、住居となっている

物置の模様替えをおこないます。

 

さらには創刊号が3万部も売れた「あなたの暮し」の第2号では、

住まいの特集を企画します。

 

そのため東堂先生の住居の模様替えなども企画とリンクしてきますし、

常子や花山の腕の見せ所でもあります。

 

スポンサードリンク

 

当時は深刻な住宅難ですし、人々の衣食住にわたる生活全般の向上が

「あなたの暮し」のテーマでもありますので、このあたりには注目です。

 

特にモデルとなっている「暮しの手帖」が別冊「すまいの手帖」や

「キッチンの研究」など、当時の庶民の暮しの向上に役立つような企画を

掲載していますので楽しみですね♪

 

建築資材はもちろんのこと、セメントなども入手が困難だった時代ですから、

常子たちは知恵を絞って東堂宅の物置をどのような形にリフォームするのでしょうか?

 

ちなみに東堂チヨ自体がドラマオリジナルのキャラなので、

夫の泰文も同様でモデルとなった人物はいません。

 

利重剛さん演じる泰文が気力を取り戻す様子にも注目です!

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ