とと姉ちゃん|再登場する森田屋の富江や長谷川、まつはどうなった?

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』では、あの森田屋が再登場します。

 

戦時中に高崎に移転した森田屋は、終戦後に東京に戻って来て

洋食屋「キッチン森田屋」を開店します。

 

ところで『とと姉ちゃん』の公式HPを見ると、キッチン森田屋のメンバーは

店主の宗吉(ピエール瀧)と妻の照代(平岩紙)、そして新たな登場人物である

コックの南大昭(上杉柊平)のみ。

 

大女将の森田まつ(秋野暢子)、宗吉の娘の富江(川栄李奈)、富江と結婚した

板前の長谷川(浜野謙太)らの名前がありません。

 

どうやらこの三名に関しては再登場がないようですが、果たしてまつや富江、

長谷川はどうなったのでしょうか?

 

特に富江に関しては、子どもを妊娠していたので気になりますよね?

 

戦前の洋食

 

再登場する森田屋の富江や長谷川、まつはどうなった?

 

スポンサードリンク

 

まず森田屋の登場人物に関しては、ドラマオリジナルのキャラクターなので

史実上の手がかりなどはありません。

 

そのためドラマの展開を予想するしかないのですが、大女将のまつに関しては

亡くなっている可能性が高いと思われます。

 

と言いますのも、まつは生粋の江戸っ子で、高崎移転の際も最後まで反対した人物です。

 

再び東京へ店を出すのであれば、イの一番に戻って来そうでした。

 

宗吉や照代が再び上京してくるのは昭和22年(1947年)のことですが、

森田屋が小橋一家と離れて高崎に向かったのは昭和15年(1940年)の暮れあたりでした。

 

その間、7年もの月日が流れていますし、まつは当時既に高齢でしたから、

恐らく亡くなった可能性がもっとも高そうです。

 

富江と長谷川はどうなった?

 

スポンサードリンク

 

富江と長谷川に関しては、独立して別に店を持っている

可能性が高そうです。

 

もちろん空襲などで亡くなった可能性もありますが、

そのようにする必要性はさほどないでしょう。

 

また富江は子どもを宿していましたから、子どもも含めて

戦禍で亡くなったとするのは、史実がそうでもない限り、

さすがにNHKの朝ドラではないように思えます。

 

なので、引き続き高崎に留まって、子育てをしながら

新たなお店を営んでいるという流れが有力です。

 

また長谷川もあくまでも日本料理の板前ですから、

洋食屋に鞍替えする森田屋に合流しない理由もありますし。

 

もしかしたら何らかの理由で、前記のまつも富江や長谷川のお店を手伝っている

という展開だったらなおいいですね♪

 

いずれにしても森田屋の再登場は嬉しいですが、まつや富江、

長谷川がいないのは少し残念ですね~

 

まぁ~新たに加わるコックの南と小橋家の三女の美子とのロマンス

あるようなので、生まれ変わるキッチン森田屋に期待しましょう!!

 

月額325円で見放題

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ