とと姉ちゃん!森絵梨佳がさくら役で登場!モデルや役どころ?

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』では、さくら役で森絵梨佳さんが登場します。

 

森さんと言えば、20代の「なりたい顔NO.1」とも言われる人気モデル。

 

これまでも多くのファッション誌の表紙を飾ってきましたし、

「ゼクシイ」などのCMでもお馴染ですね!

 

森絵梨佳は誰? という方のために好評だったユニクロのCMをご紹介します。

 

いや~さすが人気モデルさんだけあって、スタイルもいいですね~

 

このところ森さんは女優業にも力を入れており、連ドラなどにも出演が決まっていますね♪

 

NHKの朝ドラの影響力は絶大ですから、さらなるキャリアアップにつながればいいですね!

 

森絵梨佳さんが演じるさくらの役どころなどをご紹介します。

 

森絵梨佳がさくら役で登場! モデルや役どころ?

 

スポンサードリンク

 

森絵梨佳さんのさくらですが、NHKからは正式な発表はないものの、

登場回などを考えれば、新橋のカフェ「浪漫」の女給(ホステス)の

ひとりでしょう。

 

カフェ女給

(当時のカフェの女給)

 

このカフェは村野綾(中田綾)も在籍していることから、

常子もやって来て綾の変わりぶりに驚くことになります。

 

当時のカフェは特殊喫茶とも言われた風俗営業店ですし、

綾も見違えるほどの厚化粧をして男性客を接客するからです。

 

ですが、この綾やリーダー格の梢(佐藤仁美)をはじめとする

カフェ浪漫の女給たちは重要な役割を果たすことになります。

 

それは現代で言うところの「モニター」です。

 

常子たちが刊行した雑誌「スタアの装ひ」は、多くの類似雑誌の登場により

すぐに売れなくなってしまいます。

 

そこで花山伊佐次に助言を求めますが、花山が出したアイデアは

着物から洋服を作る方法の特集です。

 

スポンサードリンク

 

当時の洋服は生地が高値の花で買うことのできない人も多かったことから、

誰でも持っていた着物を洋服に仕立て直す技術を紹介するというわけです。

 

※具体的には着物の生地でワンピースを作る方法

 

そこでそのやり方が果たして誰でもできるものか確認するために、

カフェの女給たちに方法を伝授し、作ってもらうというわけです。

 

実際にリアルの大橋鎭子の「暮しの手帖」でも洋服や料理といった

様々なものの作り方を紹介しましたが、編集長の花森安治がこだわったのが、

「誰でもできること」です。

 

そのため雑誌の発売前に編集部員はもちろんのこと、その知り合いなど色々な人に

試してもらい、雑誌通りに作ることができなければ掲載はしませんでした。

 

あくまでも花森は雑誌の「読者目線」を徹底したのですが、

これが同誌の人気の秘訣でもありました。

 

なので森絵梨佳さん演じるさくらも、カフェの女給として常子の雑誌

「スタアの装ひ」のモニター役となりそうです。

 

ちなみに史実の大橋鎭子はカフェの女給にモニター役を頼んだ事実は

判明していませんので、森さん演じるさくらのモデルはおらずに、

ドラマオリジナルの登場人物でしょう。

 

演技はもとより森さんの脚線美などにも注目ですね!!

 

月額325円で見放題

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ