とと姉ちゃん|杉咲花の美子は裁縫が得意で服飾を担当!大橋芳子は?

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』では、三女の美子が根岸姫奈さんから

杉咲花さんにバトンタッチ。

 

わずか1年での美子の成長ぶり(?)には驚きましたが、

これで小橋家のメインキャストが勢ぞろいしましたね♪

 

成長した美子は色も出てきて、勉強は苦手ですが裁縫が得意で

オシャレが好きなキャラクターで女学生ながら洋服店で働くことになります。

 

その後も美子は好きなことを活かして、常子が出版社を立ち上げる時には

服飾担当として活躍することになります。

 

このような美子ですが、モデルとなったのは大橋鎭子の5つ下の妹の

大橋芳子です。

 

芳子も美子のように裁縫が得意で、「暮らしの手帖」の服飾を担当したのでしょうか?

 

大橋芳子

(大橋芳子)

 

杉咲花の美子は裁縫が得意で服飾を担当! 大橋芳子は?

 

スポンサードリンク

 

大橋鎭子の一番下の妹の芳子は裁縫が得意で、「暮らしの手帖」の服飾を担当した

という事実はありません。

 

※裁縫は苦手ではなかったかもしれませんが

 

この役割を担ったのはどちらかと言えば、中田綾のモデルの中野家子です。

 

またドラマでは美子は「あなたの暮らし」のモデルなども務めるように

思われますが、「暮らしの手帖」は主に大橋鎭子がこれを務めました。

 

三女の芳子は「暮らしの手帖」では一貫してデスク(編集)を担当し、

原稿のチェックや編集費の管理、そして時には姉の鎭子と同じように

原稿の催促などにも赴きました。

 

とても気が利くタイプだったので、気難しい花森安治にも可愛がられ、

地方へ取材に行く際には、花森は芳子を指名して同行させたそうです。

 

そして「暮らしの手帖」で芳子が心血を注いだのが、「エプロンメモ

という企画です。

 

スポンサードリンク

 

この企画は家庭でのちょっとした思い付きや工夫、知恵をメモにしておくという趣旨で、

衣食住や子育て、健康など多岐にわたって簡潔にまとめたものです。

 

当初は鎭子が担当していましたが、芳子に引き継がれて20数年にわたって担当しました。

 

後に2冊の単行本にまとめられ、現在でも「エプロンメモ」として販売されています。

 

エプロンメモ

 

このようにドラマの美子と芳子は、出版社で果たす役割が大きく異なるようですね。

 

恐らくリアルの芳子のようにデスク担当とすると、姉の常子や鞠子らとの

違いがはっきりしなくなりますし、キャラクターの色付け(オシャレ好き)の

意味も含めてこのような設定にしたと考えます。

 

また大橋鎭子と芳子は60年以上の長きに渡ってともに働き、

「暮らしの手帖」を支え続けてきました。

 

ドラマではこのあたりは同様に描かれると思いますから、杉咲花さん演じる美子も

お婆ちゃんになっても、姉の常子とともに出版社を盛り立てていくことになりそうです。

 

時として常子と激しく衝突する美子ですが、常子にとってはもっとも頼りになる存在

になるかもしれませんね♪

 

月額325円で見放題

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ