半分、青い。秋風羽織は病気(ガン)だった!死んでしまうの?

 

朝ドラ『半分、青い。』では、豊川悦司さん演じる秋風羽織が好評です。

 

彼は天才少女漫画家ながら、プライドが高く社会性も欠如しているオッサン。

 

その偏屈ぶりは「まれ」に登場した池端大悟(小日向文世)に勝るとも劣らないようですね♪

 

このようなキャラクターの登場は盛り上がりますし、大悟もドラマではいい味を出していたので、秋風にも期待ですね~

 

そんな注目のキャラクターの秋風ですが、実はガンを患って自分の死期も近いと感じているのです!

 

 

秋風羽織は病気(ガン)だった!死んでしまうの?

 

スポンサードリンク



 

秋風羽織は実は5年前にガンを患って、手術を受けた経緯があります。

 

また体調不良に陥った際には、ガンが再発して自分の死期が近いと感じはじめます。

 

そのため菱本若菜(井川遥)だけに真相を話して、自分の創作のノウハウをボクテ(志尊淳)やユーコ(清野菜名)、そして鈴愛にも伝授することを宣言します。

 

その偏屈ぶりが目立つ秋風ですが実は弟子想いで、このあたりにも彼のやさしさが窺えるところですね。

 

そんな秋風に対して若菜はまずは病院に行って検査を受けるように説得します。

 

弟子たちへの責任を果たすのであればなおさらだと説得するようですが、彼もこの言葉に従って、検査を受けることになります。

 

ところが病院に行った秋風に驚きのオチが待っていました。

 

スポンサードリンク



 

検査の結果、ガンであることは確かでしたが、以前の再発ではなくて別の場所のごく初期のものだと判明するのです。

 

そのため命に別状はなく、手術を受けて秋風は無事に仕事に復帰できることになります。

 

秋風は神経質で完璧主義者の一面を持っていますから、自分の死期が近いことについてはかなり悩むようですが、それらはすべて杞憂に過ぎなかったということになるようですね~

 

そんな彼が無駄に悩む姿などもドラマではコミカルに描かれそうで、大いに楽しめそうです。

 

ところどころに彼の死を意識したセリフなども出てきそうですから、笑えそうですね。

 

いずれにしても秋風はガンであることに間違いはありませんが彼の命にはまったく影響なく、再び創作や弟子たちへの指導を再開させることになります。

 

その後の彼の活躍にも期待ですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ