わろてんか|戦争に行く隼也は戦死してしまうの?ネタバレ注意

 

朝ドラ『わろてんか』では、北村笑店の跡取り息子だった隼也がつばきと駆け落ちして

大阪を離れて神奈川県の川崎で家庭を築くことになります。

 

跡取りを失ったてんや風太は大きく失望しますが、藤一郎という息子も生まれて、

幸せな結婚生活を送るようです。

 

とは言え、ドラマの展開としてはこれで済むわけではないはず。

 

やはりと言うべきか、その後隼也は赤紙がきて召集されて、戦争に行くことに

なってしまいます。

 

隼也は戦死してしまうのでしょうか?

 

モデルとなっている吉本せいの次男の吉本頴右が、24歳の若さで悲運の死を遂げている

ことから気になります。

 

なおこの点に関しましては、ドラマのクライマックスのひとつになりますので、

結末を知りたくない方は以下は閲覧しないことをお勧めします。

 

 

戦争に行く隼也は戦死してしまうの?ネタバレ注意

 

スポンサードリンク

 

まず隼也に赤紙が来るのは昭和19年(1944年)のことです。

 

昭和12年(1937年)にはじまった日中戦争は泥沼化して、太平洋戦争にまで拡大。

 

アメリカ相手に当初は有利に戦局を進めていた日本軍ですが、昭和17年(1942年)6月の

ミッドウェー海戦あたりから風向きが変わってきます。

 

そんな中、北村笑点の芸人たちも続々と召集されてしまいますが、遂に隼也にまで

赤紙が届くことになります。

 

ちなみに隼也は大正3年(1914年)生まれで、赤紙が来る昭和19年には既に30

なっています。

 

前年の昭和18年(1943年)には戦死者の増加による兵士不足のために学徒出陣も

おこなわれているくらいですから、時世を考えると隼也に赤紙が来るのは

むしろ遅いくらいです。

 

このあたりの細かいことに関しては目を瞑ることにして、出征に向けて隼也一家は

北村笑店に戻ってきます。

 

既にてんによって勘当されていましたが、さすがにこの場合はやむを得ないということで

てんや風太、北村笑店の面々が隼也の出征を祝うことになります。

 

ところが戦地に赴いた隼也の安否は不明になってしまい、終戦後もその消息がわかりません。

 

スポンサードリンク

 

「べっぴんさん」の紀夫と同じような感じになってしまいますが、最終的には隼也は

無事に大阪に生還することになります。

 

「マッサン」の時の森野一馬のケース(戦死)もありますから非常に心配される隼也

でしたが、戦死せずに無事に帰ってくることになります。

 

いや~このあたりはホッとしますね~戦前が舞台の朝ドラはどうしても戦争が絡む

ことになりますが、今作の隼也は大丈夫です。

 

そしてこの隼也の無事が確認されるのがドラマの最終盤で、クライマックスのひとつとなります。

 

彼の生還の際のてんや風太、つばきや藤一郎らの喜びようも大きな見どころになりそうですね♪

 

ちなみに隼也のモデルとなっている吉本頴右ですが、生来の病弱であったことや肺結核を

患ったことなどから召集されることなく終戦を迎えています。

 

いずれにしてもこれによって隼也の戦死はなく、ドラマ内で頴右のように夭折しないことが

確定しました。

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ