わろてんか|四郎が倒れてしまうが大丈夫なの?実話が下敷きになっていた

 

朝ドラ『わろてんか』では、四郎が突然倒れてしまうことになります。

 

しゃべらん漫才でブレイクして、キースとアサリのコンビなき後は北村笑店の看板芸人と

なっているミスリリコアンドシロー。

 

リリコの絶妙な話術と四郎のアコーディオンのアンサンブルがウリのふたりですから、

四郎の容態は気になってしまいます。

 

 

四郎が倒れてしまうが大丈夫なの?実話が下敷きになっていた

 

スポンサードリンク

 

結論から申しまして四郎が倒れたのはただの過労からのようで、深刻な病気などでは

ありません。

 

さらにリリコが四郎を看病することになりますが、これによって二人は本格的に

恋に落ちることになります。

 

当初は反発しあっていたふたりですが、コンビとして活動するようになってからは

お互いを理解しあったようですね~

 

四郎が倒れたことは驚きですが、これがふたりを接近させる引き金となるようなので、

結果オーライとなるはずです。

 

ところで突然倒れることになる四郎ですが、このあたりは実話が下敷きになっています。

 

スポンサードリンク

 

ミスリリコアンドシローのモデルとなっているミスワカナと玉松一郎のコンビは、

駆け落ちして最終的には中国の青島に流れています。

 

その頃に一郎は過労腎臓の病気で倒れてしまい、ワカナが彼を看病する傍ら

ダンサーとして働いて家計を支えていました。

 

また漫才ができなくなった一郎も、その時にアコーディオンを習得しています。

 

後に吉本興業部からデビューすることになるふたりですが、周知の通り彼らはワカナが

一郎のアコーディオンに合わせて歌って踊る歌謡漫才というジャンルを確立。

 

そこには青島でマスターしたワカナのダンスやタップ、一郎のアコーディオンの演奏が

存分に活かされています。

 

またワカナのもうひとつの持ち味となったでたらめな中国語(当時は支那語と呼んでいた)も、

青島に住んでいたからこそのものです。

 

一郎が病気で漫才ができずに、ワカナが一手に家計を引き受けて、かなり苦労をした中国時代でしたが、後の成功に大いに役立っていたのです。

 

恐らくはドラマはこのエピソードをオマージュして、四郎が倒れることになるようです。

 

その上で、リリコと四郎の恋模様が描かれるようですね~

 

このあたりには注目です!

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ