わろてんか|加納つばき(水上京香)の正体が判明!お嬢様で許嫁もいた!

 

 

朝ドラ『わろてんか』には、物語後半の重要人物として水上京香さん演じる

加納つばきが登場します。

 

彼女はひょんなことから隼也と知り合って、その後ふたりは恋に落ちることになります。

 

ところがNHKの公式発表では、ふたりの行く末に大きな障害が待ち受けることになるようです。

 

そんな注目の加納つばきの正体が判明しました。

 

 

加納つばき(水上京香)の正体が判明!お嬢様で許嫁もいた!

 

スポンサードリンク

 

アメリカに留学経験もある加納つばきですが、実は中之島銀行という大銀行の長女でした。

 

父親は頭取の加納清一郎で、なんと親が決めた許嫁も存在するのです。

 

他の記事でもご紹介しましたが、つばきのモデルとなっているのは吉本頴右の恋人だった

笠置シヅ子です。

 

しかしどうやらこのあたりは大幅に設定を変更しているようで、つばきは芸能人でも

かなり年上でもないようです。

 

そのためもはやつばきは、ドラマオリジナルのキャラクターと言っても差し支えないようですね~

ドラマでは資産家の箱入り娘のお嬢様として描かれるようですね。

 

で、今後恋に落ちることになる隼也とつばきですが、彼女には親が決めた許嫁がいますから、

このあたりも障害になるはずです。

 

しかし、ふたりにはそれ以上の障害となる事情も存在するのです。

 

スポンサードリンク

 

実はつばきの実家が経営する中之島銀行は、北村笑店の主要取引先でメインバンクだったのです。

 

そのためつばきが父親である清一郎の意向に反し、隼也と交際することになれば、

北村笑店の経営にも大きな影響を及ぼすことになってしまうのです。

 

言わば中之島銀行は北村笑店の資金調達を担当しているわけで、清一郎を怒らせて

取引停止となってしまえば、北村笑店にとってみればかなり大きなダメージとなるのです。

 

このあたりは隼也やつばきにとってみれば、かなり大きな障害になりそうですね~

 

もはやふたりだけの問題ではなく、てんや伊能、風太といった北村笑店の経営陣も巻き込むような

事柄ですね~

 

このあたりをどのようにふたりが乗り越えていくかは大きな見どころとなりますが、

ふたりの恋は一筋縄にはいかないようです。

 

てんや伊能がこの問題にどう対応するかも含めて、期待ですね~

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ