わろてんか|伊能栞(高橋一生)の死や最後は描かれる?年齢はいくつなの?

 

朝ドラ『わろてんか』では、高橋一生さん演じる伊能栞が八面六臂の活躍を見せています。

 

本業の伊能活動写真は伊能商会へ発展して、映画以外にも不動産やデパートを手掛けるほど大

規模な会社に成長しました。

 

またそれと並行して北村笑店の役員にも就任。

 

藤吉の跡を継いで女社長となったてんのバックアップも担います。

 

まさに大活躍の伊能ですが、少し働きすぎのようにも思えますね~

 

そんな伊能栞の死や最後はドラマで描かれるのでしょうか?

 

 

伊能栞(高橋一生)の死や最後は描かれる?年齢はいくつなの?

 

スポンサードリンク

 

他の記事でもご紹介しました、『わろてんか』ではヒロインてんの50歳ごろまでがドラマに

描かれると公式発表がされています。

 

てんは初登場の明治35年(1902年)に9歳だったことから、50歳になるのは昭和18

1943年)となります。

 

区切りよく終戦時までとすれば、昭和20年(1945年)ごろまでのことがドラマで描かれそう

ですね。

 

そして年齢不詳だった伊能栞は、母親が持っていたへその緒の箱の記載によって、

明治20年(1887年)1020日生まれであることが判明。

 

とすればてんよりも6歳ほど年上で、現在のドラマの舞台である昭和9年(1934年)のころには

47になっている計算です。

 

今回の朝ドラではヒロインが異常に若々しく、全体的にキャストの年齢も負傷ですが、

意外にみなさん年はいっていますね~(てんも41歳)

 

そんな伊能の死や最後を考察するにあたって参考になるのが、モデルとなっている小林一三です。

 

スポンサードリンク

 

小林は明治6年(1873年)生まれで、ドラマの伊能は実に小林より14歳年下の設定と

なっています。

 

そして気になる小林の没年ですが、昭和32年(1957年)とこの時代として非常に長寿の

84で亡くなっています。

 

とすれば、恐らくはドラマの最後まで伊能は健在で、ドラマ内で死んだりする可能性は低い

と思われます。

 

藤吉がモデルの吉本泰三と同じく若死にしてしまいましたが、ヒロインのてんにひき続いて、

恐らくは伊能も最後まで元気でいるようです。

 

彼の今後のさらなる活躍にも期待ですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ