わろてんか|ミスリリコアンドシローはいつ売れる?解散の危機も

 

朝ドラ『わろてんか』では、リリコと四郎の新コンビ「ミスリリコアンドシロー」

始動しました。

 

初舞台となった全国漫才大会では四郎が緊張のあまりセリフが出ないなどのトラブルも

ありましたが、リリコが何とかフォローしてまずまずの出だしとなりました。

 

てんや北村笑店もこのコンビを猛プッシュして売り出しにかかります。

 

ところがなぜかミスリリコアンドシローのコンビのウケは悪く、なかなか売れません。

 

またリリコの勝気な気性もあって、コンビは再び解散の危機を迎えるばかりか、

風太もリリコの相方の変更を求めます。

 

なかなか厳しい船出となるこのコンビですが、いつになったら売れるのでしょうか?

 

 

ミスリリコアンドシローはいつ売れる?解散の危機も

 

スポンサードリンク

 

ミスリリコアンドシローのコンビが売れるのは、「しゃべくり漫才」を辞めた時です。

 

当初はこのコンビもキースやアサリのようなしゃべくり漫才を試みますが、

今一つこのコンビには合わないようです。

 

そのためてんの発案によって、しゃべるのはリリコのみで、四郎は基本的にしゃべらずに

アコーディオンの演奏に専念することになります。

 

結果、それが当初から目指していた流行歌漫才につながって、ようやくリリコアンドシローの

コンビもブレイクすることになるようです。

 

このあたりはなかなかヤキモキさせる展開になりますが、この点に関してはモデルとなっている

ミスワカナと玉松一郎のコンビを模倣したものです。

 

スポンサードリンク

 

ミスワカナと玉松一郎のコンビは昭和12年(1937年)に吉本興業部にスカウトされています。

 

彼らは後に「流行歌漫才」(歌謡漫才)でスターになっていますが、最初からそのスタイルではなかったようです。

 

彼らは吉本入りした後に、吉本の演芸部に所属していた漫才作家の秋田実(万丈目のモデル)に

徹底的に鍛えられています。

 

その過程で歌が歌えてダンスも踊れるワカナの素質を活かせるように、「流行歌漫才」という

スタイルが確立されました。

 

当時はしゃべくり漫才が主流でしたが、それとは一線を画する彼らの漫才はたちまちウケて、

スターへと上り詰めていきます。

 

ふたりは本当の夫婦でしたので解散の危機などはなかったものの、ドラマではこのあたりに

着想して、ミスリリコアンドシローが漫才コンビとして成長する過程を描いているのでしょう。

 

なかなかウケずに苦労するミスリリコアンドシローですが、彼らがしゃべくりを捨てた時こそ、

ブレイクの兆しが出てくるはずです。

 

彼らの奮闘を期待しましょう♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ