わろてんか|伊能の北村笑店の役員就任や業務提携は実話なの?

 

朝ドラ『わろてんか』では、藤吉の遺志に従って盟友だった伊能栞が北村笑点の役員となって、

新社長のてんを支えていくことになります。

 

これによって北村笑点の経営は、てんと伊能、そして大番頭格の風太の三人が取り仕切ることに

なりますが、新たな船出にも注目です。

 

また北村笑点は伊能活動写真と業務提携したことから、今後は所属芸人の映画への出演も

予想されることになりました。

 

この点につきましても楽しみですが、このあたりのエピソードは実話なのでしょうか?

 

 

伊能の北村笑店の役員就任や業務提携は実話なの?

 

スポンサードリンク

 

まず北村笑点と伊能活動写真の業務提携につきましては、吉本興業部と東宝の提携の

実話に基づいています。

 

吉本興業部は昭和10年(1935年)に伊能のモデルの小林一三が設立したPLCという会社と

業務提携を結んでいます。

 

PLCは小林が映画の技術研究のために設立した会社で、翌年の昭和11年(1936年)には、

吉本興業部と東宝が正式に業務提携をおこなっています。

 

これによって当時の吉本興業部の看板芸人たちは、続々と東宝映画に出演することになります。

 

横山エンタツと花菱アチャコのコンビが出演した「あきれた連中」が昭和11年の初春に

封切られて大ヒットを記録します。

 

 

以降もエンタツとアチャコは多くの映画に出演して、軒並み大ヒットを飛ばしています。

 

ドラマの北村笑店と伊能活動写真との業務提携はこのあたりの実話が下敷きになっており、

今後は映画も作られそうですね♪

 

しかし提携を機に伊能栞のモデルとなっている小林一三は吉本興業部の役員や顧問には

なっておらず、逆に吉本興業部の林正之助(風太のモデル)が東宝の役員に就任しています。

 

このあたりは多少の違いはあれど、当時の吉本興業部と東宝の蜜月状態を示している

エピソードですね。

 

ところで前述の横山エンタツと花菱アチャコの映画出演ですが、当初は東宝ではなくて

松竹の映画に出演する予定でした。

 

スポンサードリンク

 

吉本興業部は東宝と業務提携する以前の昭和9年(1934年)に日活と、翌年には松竹と

業務提携をおこなっています。

 

特に松竹との契約では、横山エンタツと花菱アチャコが主演、サトウハチローが脚本、

志波西果が監督と具体的にキャストやスタッフまで決まっていました。

 

しかし吉本側がこれを反故にして、新たに東宝と業務提携契約を交わして、

エンタツ・アチャコの映画も制作されました。

 

経緯や理由は定かではありませんが、後に松竹は吉本を芸人の引き抜きで激しく攻撃しますが、

このあたりの経緯もその原因と指摘する向きもあります。

 

史実の吉本の映画界への進出ですが、かなりきな臭い側面も有していたようです。

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ