わろてんか|藤吉郎は早死にしないの?いつまで生きるの?

 

朝ドラ『わろてんか』では、ヒロインてんの夫で北村笑店の社長でもある

北村藤吉郎が早死にしないことが判明しました。

 

モデルとなっている吉本せいの夫の吉本泰三37歳で急死している

だけに心配されました。

 

しかし少なくとも泰三が亡くなったタイミングで、藤吉も亡くなることは

なくなりました。

 

 

藤吉郎は早死にしないの?いつまで生きるの?

 

スポンサードリンク

 

藤吉のモデルとなっている吉本泰三が亡くなったのは、

大正13年(1924年)の213日です。

 

死因は脳溢血とも心臓発作とも言われ、いずれにしても急死でした。

 

亡くなった前年の9月には関東大震災が発生しており、ドラマでも

関東大震災がキーポイントになりそうな気もしました。

 

ところが藤吉は関東大震災が発生した時も健在であるばかりか、

ドラマの舞台が昭和4年(1929年)に移った後も普通に活動をしています。

 

どうやら病気などにもなっておらず、まだまだ大丈夫そうです。

 

このようなことから、藤吉の寿命に関してはモデルの泰三の史実は

無関係のようです。

 

※追記

やはり昭和4年に藤吉は脳卒中で倒れることが確認できました。

どうやら吉本泰三と同じ運命を辿りそうです。

 

史実では泰三の死後は、未亡人のせいの細腕にすべてがかかってきますが、

実弟の林正之助と林弘高を右腕として、吉本興業部をさらなる発展に導いています。

 

ドラマでも藤吉が亡くなって、てんが風太とともに北村笑店を

切り盛りしていくと思われましたが、どうやらそうではなかったようです。

 

少なくとも昭和4年までは藤吉が北村笑店を率いており、

てんは依然としてそのバックアップを務めるようです。

 

また今後の藤吉の歩む道はモデルの泰三とは別物ですから、

いつまで生きるか否かも含めて読めなくなりました。

 

とは言え、泰三は突然死ですから、このあたりは気になりますが…

 

いずれにしても藤吉は、泰三と同じタイミングで早死にすることは

なくなりました。

 

また第二次世界大戦の戦局が悪化するまでは、吉本興業部は

発展を続けて戦前の黄金時代を築いていますから、

彼も大いに活躍するように思えます。

 

このあたりはどのように描かれるかは不明ですが、楽しみですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ