わろてんか|てんのモデルの吉本せいや吉本興業の裏の顔!逮捕や裏切りも

 

朝ドラ『わろてんか』は、ヒロインてんとその夫の藤吉が

大阪を日本一の「笑いの街」にするために二人三脚で奮闘する物語。

 

個性的でユニークな芸人たちも登場し時には反発しながらも、

てんと藤吉が立ち上げる北村笑店を盛り上げていきます。

 

素人同然のふたりがひょんなことから寄席の経営に関わって、

様々な困難を乗り越えながらも、上方興行界の雄となっていきます。

 

周知の通りヒロインのモデルとなっているのは吉本興業の創立者の

吉本せいで、北村笑店は吉本興業です。

 

ドラマと同じように吉本せいは夫の吉本泰三(吉兵衛)と素人ながら

興行界に身を投じて、最終的には上方の興行界を支配するほどの

一大帝国を築き上げます。

 

しかし当時の興行界は一筋縄ではなく、頂点に立つまでには

せいや吉本興業部もかなりダーティーな手段に出ることもありました。

 

ドラマでは決して描かれない、吉本せいや吉本興業の「裏の顔」

ご紹介します。

 

 

てんのモデルの吉本せいや吉本興業の裏の顔!~驚きの裏切り行為

 

スポンサードリンク

 

吉本せいと泰三が寄席の経営に乗り出したのは、明治45年(1912年)です。

 

当時の寄席の目玉は落語で、いかに人気や勢いのある落語家たちを

出演させることができるかが、寄席の経営を大きく左右するところです。

 

そして当時の上方落語界は桂派とその分派である三友(さんゆう)派の

対立に加え、岡田政太郎が立ち上げた浪速反対派の三派が争う状態でした。

 

(岡田政太郎)

 

伝統的な桂派や三友派と異なり、浪速反対派は一流の寄席では

相手にされないような落語家や「色物」と蔑まれた萬歳や軽口、

剣舞や大道芸人などの寄せ集めで構成されていました。

 

しかし三流寄席を経営していた吉本せいにとっては格安で出演してくれる

浪速反対派の芸人たちは重宝で、当初から反対派と手を結びます。

 

そして芸の質よりも芸人の数を重視した浪速反対派の勢力は

急速に大きくなる一方で、伝統重視の桂派は衰えて大正4

1915年)までに三友派に吸収されてしまいます。

 

そのため以降は三友派VS浪速反対派の構図となりますが、

吉本せいと泰三の夫婦は三友派の拠点の寄席を徹底的に買収する

手段に出て、三友派を追い詰めます。

 

そして大正10年(1921年)に当時の三友派の一枚看板だった

桂春団治が吉本興業部の専属になると、三友派は崩壊に向かいます。

 

大正11年(1922年)に三友派の象徴とも言える寄席「紅梅亭」が

吉本興業部に買収されて、三友派は完全に消滅しました。

 

これによって浪速反対派と吉本興業部の連合軍が上方の寄席や

落語界を支配することになったのですが、吉本せいや吉本興業部は

なんと浪速反対派に攻撃を仕掛けます。

 

実は浪速反対派を率いていた岡田政太郎は大正9年(1920年)に

亡くなっており、その後は岡田の次男の政雄が後継者になって

いましたが、せいや泰三は政雄に政太郎ほどの器量はないと

判断したのでしょう。

 

これまでの10年ほどの同盟関係を一方的に解消して、

吉本興業部は今度は浪速反対派の乗っ取りに動き出しました。

 

政太郎の右腕だった反対派の支配人・青山督を籠絡して

自陣へ引き入れると反対派は大きく動揺。

 

岡田政雄が器量や人望がなかったせいで、瞬く間に反対派の芸人たちは

吉本の傘下に収まって、最終的には政雄は1万円ですべての利権を

吉本興業部に売り渡しています。

 

生き馬の目を抜くと言われた当時の興行界ですが、昨日までの盟友に

突然牙をむくあたりは、せいのシビアでドライな性格も窺えますね~

 

また細やかな気遣いなどでしられたせいですが、彼女が金銭面などで

配慮する相手はあくまでも実力や素質を認めた者だけで、

その他の者には非常に冷淡だったとも言われています。

 

てんのモデルの吉本せいや吉本興業の裏の顔!~逮捕もされていた

 

さらには大正13年(1924年)に夫の泰三が亡くなると

せいは吉本興業部の全権を握ることになりますが、

そこで右腕として起用するのが実弟の林正之助です

(ドラマの濱田岳さん演じる武井風太の一部モデルとなっている人物)。

 

(林正之助)

 

正之助は後に吉本興業の名物社長としても知られる人物ですが、

山口組の田岡一雄組長と手を組んでレコード会社の乗っ取りを画策して

逮捕されるなど、荒っぽい性格でも知られていました。

 

この正之助はたびたび「汚れ役」を引き受け、吉本興業部の

「闇の部分」を担ったとも言われています。

 

さらには昭和10年(1935年)11月に吉本せいは贈賄容疑で逮捕され、

拘置所に収監されています。

 

当時の大阪府議長だった辻阪信二郎が脱税容疑で逮捕されると、

当局は吉本興業が辻阪への賄賂の見返りに様々な便宜を受けていた容疑で、

せいや正之助を追及しています。

 

結局せいはいっさい口を割らなかったことから吉本側の贈賄については

立証できず、さらには辻阪が拘置所内で首つり自殺をしたことで

事件は迷宮入りをしてしまいました。

 

今となっては本当のことは天のみぞ知るですが、このあたりにも

吉本興業部のダーティーな一面が窺えます。

 

スポンサードリンク

 

吉本せいや吉本興業部の裏の顔~借金でがんじがらめに

 

吉本せいや吉本興業部は、当時としては画期的な

「月給制」を導入しています。

 

芸人たちは日々の出演料で生計を立てるその日暮らしでしたから、

生活が安定する月給制は大いに歓迎されました。

 

ところが同時に、芸人の借金を吉本に一本化させることも

おこなっています。

 

当時の芸人たちは遊興は芸の肥しとして派手に遊ぶものも少なくなく、

ほとんどの芸人たちが借金をしていました。

 

またせいは前借りなどにも快く応じるなどしています。

 

しかしこれらは単にせいがお人好しだったわけではなく、

吉本への借金で芸人をがんじがらめに縛って、

吉本以外のどこへも行かせないための策略です。

 

当時は引き抜きなども当たり前の時代でしたから、

それを防ぐ意味もあったのです。

 

現に桂春団治や柳家三亀松といった人気芸人たちは

吉本への多額の借金があったため、

どこにも行くことはできませんでした。

 

このあたりはまさに飴と鞭で、せいのクレバーさも窺えます。

 

てんのモデルの吉本せいや吉本興業の裏の顔!~壮絶な引き抜き合戦

 

昭和14年(1939年)に吉本興業部の人気漫才コンビミスワカナと

玉松一郎が松竹に引き抜かれたことを発端に、両社の間で

壮絶な引き抜き合戦が展開されます。

 

(ミスワカナと玉松一郎)

 

当時の松竹は歌舞伎を抑えており、映画の製作配給にも進出するなど、

日本最大の興行会社でした。

 

そしてライバルの東宝とし烈な引き抜き合戦を展開しており、

東宝と業務提携していた吉本興業部もターゲットになったようです。

 

上方の寄席を支配して興行界のトップに君臨していた吉本興業部ですが、

さすがに松竹と比べると資本力や社会的地位も歴然と劣ります。

 

しかし吉本興業部は松竹所属の芸人の引き抜きで反撃し、

ミスワカナら松竹に引き抜かれた芸人たちの出演を禁じる

仮処分を求めるなど、法的な手段にも出て松竹との対決姿勢を

鮮明にしています。

 

このあたりにはせいや吉本興業部の武闘派ぶりが示されていますが、

最終的にはなんと警察が調停に出て、両社の和解をあっせんしています。

 

てんのモデルの吉本せいや吉本興業の裏の顔!~所属芸人すべてをクビに

 

2次世界大戦での空襲のため、大阪の街もことごとく廃墟と化しました。

 

吉本興業部も多くの寄席や映画館、演芸場などを失ってしまいます。

 

資金もショートしかけた吉本興業部ですが、進駐軍相手の

キャバレーを経営することで奇跡的に倒産を免れています。

 

さらには次に映画の時代が来ると読んだ吉本興業部は、

昭和22年(1947年)に花菱アチャコ(ドラマのあさりのモデル)以外の

500人以上の専属の芸人たちを解雇しています。

 

なお、花菱アチャコは吉本から「一生面倒を見る」との一筆を

とっており解雇できませんでした。

 

解雇された芸人の中には戦前にエンタツアチャコで爆発的な人気を得た

横山エンタツ(ドラマのキースのモデル)や二代目ミスワカナとして

活躍したミヤコ蝶々など功労者も含まれていました。

 

演芸から映画にシフトするためとはいえ、戦前の全盛期の吉本を支えた

功労者を含めて、バッサリと全員の首を斬るあたりにも

かなりのドライさを感じますね。

 

その頃にはせいは事実上の引退状態で、正之助が指揮をしていましたが、

芸人の全員解雇にはせいの同意もあったはずです。

 

朝ドラでは決して描くことのできない、吉本せいや吉本興業部の

「裏の顔」をご紹介しました。

 

ここではダーティーな面のみをピックアップしましたが、

吉本せいは気遣いのできる女性ですし、非常に人望もありました。

 

前記の松竹の引き抜きの際にも、横山エンタツや花菱アチャコらは

松竹が提示した破格の条件をせいへの恩を理由に断っています。

 

またせいは早い時期から利益の社会還元をおこなっており、

日本赤十字社や愛国婦人会に多額の寄付をしています。

 

昭和3年(1928年)には長年の功績が認められて、

紺綬褒章を受章しています。

 

そのためせいを「悪人」とする声もほとんどありませんし、

そもそもダーティーな面のみでは上方興行界のトップに立てるわけは

ありません。

 

やはり興行界で台頭するには一筋縄にはいかないですし、

時としてダーティーな行動も必要とされるはず。

 

要は吉本せいという人物は人心掌握に非常に長けており、

飴と鞭の使い分けも非常に上手だったのでしょう。

 

また商機を見逃さない慧眼を持ち合わせ、さらには非常に

スピーディーな判断もできました。

 

そのため時としてやむにやまれずにダーティーな行動も

起こしたと思われます。

 

このように善悪が同居するせいのキャラクターは

非常に興味深いですね~

 

ドラマではせいが下敷きになっているてんはどのように

描かれるのでしょうか?

 

このあたりには注目ですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ