わろてんか|薬祭りってなに?京都の変わったお祭り

 

朝ドラ『わろてんか』では、ヒロインてんの実家は

老舗薬種問屋の藤岡屋です。

 

藤岡屋は京都でも一、二を争うほどの大店の問屋ですが、

時は明治末期で和漢薬から洋薬への切り替えがはじまったころ。

 

そのため老舗と言えども、父親の儀兵衛はドイツの製薬会社との

契約を模索するなど、生き残りをかけて奔走します。

 

ところで藤岡屋とともにたびたびドラマで描かれるのが、

京都でおこなわれている「薬祭り」です。

 

あまり耳にしないお祭りですが、どういった内容なのでしょうか?

 

薬祭りってなに?京都の変わったお祭り

 

スポンサードリンク

 

「薬祭り」とは、日本でも珍しい薬を祀っている神社

薬祖神祠(やくそじんし)のお祭りで、毎年11月の上旬の

平日におこなわれています。

 

 

この神社がある京都・二条通は古くから薬種問屋や薬局などで

栄た地であったことから、このような神社も建てられたようです。

 

このあたりには江戸時代には50を超える薬関連のお店があって、

ここから日本中に漢方薬が配送されていたそうです。

 

ドラマの藤岡屋もこの地に存在するという設定。

 

薬祖神祠は普段は非公開ですが、この薬祭りの時期だけに開かれます。

 

この神社は1858年(安政4年)に中国の薬神と呼ばれる

伝説の皇帝「神農(しんのう)」を祀るために建立されています。

 

その後は神農のほか、大国主や少彦名命(すくなひこな)などの

神様も加えられ、さらには医学の父とも呼ばれている

古代ギリシャの医師・ヒポクラテスも祀られています。

 

薬祖神祠はれっきとした神社にも関わらず、中国の神様や

古代ギリシャの偉人が祀られているなんて珍しいですよね?

 

スポンサードリンク

 

そしてこの神社でおこなわれている薬祭りですが、薬祖神祠の

建立とともに始まっており、1864年の蛤門の変で

二条通の並み居る薬種問屋が打撃を受けた際にも

祭りはおこなわれています。

 

明治維新の時期はしばらく中断していましたが、

明治13年(1880年)に再開して現在に至ります。

 

ただし現在はだいぶこじんまりしたものになってしまい、

薬関連の参列者の前でおこなわれる神事が中心となっています。

 

しかしかつてはかなり賑わっていたようで、ドラマの舞台の

明治時代末期には神社の境内に舞台も建てられて、

曲芸や講談、演劇などが催されていました。

 

出店なども多く、神輿も担がれるなど、けっこうな盛り上がりを見せた

お祭りだったようです。

 

当時のこのあたりは日本の薬関連の中心地でしたが、

徐々に勢いを失っていくのに比例する形で、

薬祭りの規模も縮小されたようです。

 

ちなみに薬祖神祠は京都市の中京区にあり、

地下鉄「烏丸御池」駅から徒歩4分のところにあります。

 

近所で興味のある方はどうぞ。

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ