とと姉ちゃん|大橋鎭子の自宅は?常子の大きな家のモデル

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』では、常子が念願の大きな家を建てて、

鞠子や美子の家族、君子との9人での大所帯で暮らしはじめます。

 

特にこのところ老いも目立ってきた君子にとっては、

三姉妹とその孫らに囲まれた生活はとても心強いですね♪

 

別の記事でも紹介しましたが、これらは常子のモデルの大橋鎭子が

8人もの大所帯で暮らしたエピソードが下敷きです。

 

※火事で家を失った花森安治の一家が身を寄せた時は11人暮らし!

 

そんな鎭子の自宅はどのようなものだったのでしょうか?

 

大橋鎭子の自宅は?常子の大きな家のモデル

 

スポンサードリンク

 

まず大橋鎭子は昭和3年(1928年)に8歳の時に鎌倉から

現在の品川区大井町に移住しましたが、ずっと大井町に住んでいました。

 

ドラマでは深川を経て目黒に移転していますが、

実際は深川に住んだことはありません。

 

ただし当初住んでいた大井町の自宅は昭和20年(1945年)の

東京大空襲の後に、延焼防止の空き地を作るために

強制的に立ち退きとなっています。

 

大井町でも転居を経験していますが、

二番目の家にずっと住み続けました。

 

そして昭和33年(1958年)に大々的に改修して、

大家族が住めるようになりましたが、

 

ドラマで常子が大きな家を建てたエピソードは

このあたりが下敷きになっています。

 

cimg4454

(改修後の自宅)

 

スポンサードリンク

 

庭には鎭子が好きだったバラがたくさん植えられており、

人付き合いのよかった彼女らしく、ガーデンパーティーなども催されました。

 

cimg4453

(ガーデンパーティーの様子)

 

改修した自宅は漆喰壁の和風建築になっており、

昭和25年(1950年)に刊行した別冊「すまいの手帖」の監修を担当した

設計士の清水一氏が設計しています。

 

清水氏はホテルオークラやホテルニューオータニなどを手掛けた

著名な建築家で、随筆家としても活躍した人物です。

 

そんな鎭子の自宅ですが、大改修から60年以上経っているにも関わらず、

現在も「健在」です。

 

cimg4452

(台所)

 

cimg4455

(リビング)

 

雑誌などによれば鎭子の死後も、玄関には彼女のお気に入りだった

コートがかけてあったり、リビングの調度品なども60年前のものであったりと、

できるだけ当時のままにしてあるようです。

 

そして現在もご存命である大橋家の次女の晴子さんが、

今でも住んでいるということ。

 

もちろん現在も居住者がいることから見学などはできないようですが、

鎭子が建てた家が現在も健在であることは嬉しいですね~

 

このように大橋鎭子の自宅は末永く、みなが集う場であったようですね♪

 

スロギー最安値激安はコチラ

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

4 Responses to “とと姉ちゃん|大橋鎭子の自宅は?常子の大きな家のモデル”

  1. ラブターン! より:

    家でガーデンパーティーを開いたりと、家族内だけでなくこの町の中でも大きな家であったのですね。
    だから、その家の頭があなたの暮らしの社長のとと姉ちゃんであることはふさわしいのではないでしょうか。

    その家がまだ健在で、次女が住んでいるなんて驚きです。その面影が永久に残っていて欲しいものです。

    長文&乱文すみません。

    • rekidora より:

      ラブターン!様

      そうなんですよ~大橋鎭子の自宅ですが間取りとかはわからなかったのですが、
      かなり大きなお家のようです♪

      しかもキッチンや居間などもできるだけ当時のままにしてあるのがいいですね~
      次女の晴子さんには、このお家とともに末永くご健在でいてほしいですね♪

      • ラブターン! より:

        最初はいくら大きな家といえども9人も住んでいたら部屋が足りなくなったり狭かったりするだろうと思っていましたが、やはり本当に大きな家なんですね。
        わたしは核家族ですが、祖父母やいとこと一緒に暮らしたら、とても楽しい生活が送れるだろうなといつも考えてしまいます。
        とと姉ちゃんの朝ドラにより、核家族が減ると嬉しいですね。

        長文&乱文すみません。

        • rekidora より:

          ラブターン!様

          おしゃるとおり家族9人での生活は楽しそうですね!
          しかもリアルの大橋家は非常に仲が良かったそうですから、
          なおさらですね!

          ドラマの君子のモデルの久子さんは昭和57年に亡くなっていますが、
          孫や娘たちに囲まれてこの家で逝ったのですが、最後は幸せだったでしょうね♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ