とと姉ちゃん|美子は結婚後どうなる?子供や仕事は?

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』では、既報の通り小橋家の三女の美子

キッチン森田屋のコックの南大昭と結婚することになります。

 

モデルの大橋芳子は生涯未婚を貫きましたが、このあたりは

大きな改変があるようです。

 

とすれば美子の結婚後はどうなるのでしょうか?

 

旦那となる大昭もキッチン森田屋を継ぐことになりますので、

彼女は出版の仕事を続けることはできるのでしょうか?

 

出版の仕事は不規則で激務なので、出産や子育ても大変になるので

仕事と家庭を両立できるか心配ですよね?

 

姉の常子も星野との交際の際には、このあたりを悩んでいましたし…

 

%e7%be%8e%e5%ad%90

 

美子は結婚後どうなる? 子供や仕事は?

 

スポンサードリンク

 

結論から言いますと、美子は結婚後に出産を経て

再びあなたの暮し出版に復職します。

 

ただしどうやら結婚後はすぐにドラマの舞台が昭和32年(1957年)から、

昭和39年(1964年)に飛びますので、そのあたりの経緯は

ナレーションまたはセリフでの説明になりそうです。

 

美子に関してはその結婚も驚きましたが、あっさりと

仕事と家庭を両立できてしまうこともビックリです♪

 

姉の常子もこのあたりを悩むようなシーンもありましたが、

彼女に関しては難なくクリアといったところのようです。

 

その頃は旦那の大昭もキッチン森田屋を仕切っていることから、

夫婦共働きの先駆けのような家庭になりそうですね♪

 

ただし育児などに関しては、家族のアシストが大きいようです。

 

スポンサードリンク

 

その頃の小橋家は常子が建てた大きな家に、久子、常子、鞠子の家族、

美子の家族の9人で住んでいます。

 

※鞠子にはたまきに次いで長男が誕生している

 

このあたりはリアルの大橋三姉妹が生涯同居し、住み込みの家政婦を含めて

8人もの大家族だったことをモチーフにしています。

 

※火事で自宅が全焼した花森安治一家も転がり込んできたことがあるので、

最大で11人で住んでいた!

 

そのため美子の子どもの世話も、主に鞠子の長女のたまき

母親の久子があたっているようです。

 

リアルの大橋鎭子や芳子も子どもはいませんでしたが、

母親の久子や次女の晴子らのアシストがあって長らく激務の出版の仕事を

続けていくことができたので、このあたりは同じような流れになるのですね~

 

そして気になる美子と大昭の子供は、真由美という女の子です。

 

ドラマも既に終盤なのでこの子の行く末などは描かれることはないかと

思われますが、杉咲花さんの子供ということでちょっと楽しみです♪

 

ざっと美子の結婚後についてまとめましたが、このような経緯なので

結婚後も普通にあなたの暮し出版で働いているでしょう。

 

しかも出産や産休などは描かれないことから、ドラマを観ている限りでは、

何事もなかったようにその職務にあたっているはずです♪

 

スロギー最安値激安はコチラ

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

2 Responses to “とと姉ちゃん|美子は結婚後どうなる?子供や仕事は?”

  1. ホット姉 より:

    美子は結婚するそうですが、子供は君子や姉鞠子がお世話するのですか?あなたの暮らし出版社の陰の立役者の美子は結婚後も正社員として働くということは残業もするのですよね。

    • rekidora より:

      ホット姉様

      記事にもあるとおり美子の子どもの世話をするのは
      久子や鞠子の長女のたまきですよ~

      もちろん「あなたの暮し」の主力として働くので、
      残業もあるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ