とと姉ちゃん|綾の中途採用と暮しの手帖の驚きの史実とは?

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』では、常子の親友の村野綾中途採用

「あなたの暮し」に入社することになります。

 

綾のモデルの中野家子は、「暮しの手帖」の前身の「スタイルブック」時代からの

ほぼ創業メンバーですので、史実とはだいぶ異なる描き方です。

 

彼女と常子が再会したのは終戦直後で、当時は仕事にも困っていましたから

すぐにあなたの暮しに合流すると思いきや、かなり遅れての入社となります。

 

またその頃はすでにあなたの暮しも大所帯となっているので、

モデルの家子が果たした役割を考えれば微妙な感じです。

 

ただし、その中途採用には暮しの手帖の驚きのエピソードが

盛り込まれるようです。

 

綾の中途採用と暮しの手帖の驚きの史実とは?

 

スポンサードリンク

 

ドラマで村野綾があなたの暮しに中途採用されるのは、昭和39年(1964年)

のことで、同社は彼女のような子育てが一段落した女性たちを

積極的に社員として採用することになります。

 

このエピソードは昭和38年(1963年)に暮しの手帖がおこなった

30歳以上の女性の中途採用」がモチーフになっています。

 

69号

(募集要項を掲載した第69号)

 

現在ではこのような募集があっても違和感は覚えないでしょうが、

当時は女性は結婚したら会社を辞めて家庭に入るのが常識の時代。

 

そんな中で、子育てが一段落した30代の女性をわざわざ正社員として採用する

というのは、異例中の異例でした。

 

なぜこのような社員の採用をしたかと言えば、女性社員の占める割合が大きい

という同社ならではの特殊な事情からです。

 

スポンサードリンク

 

同社は当時としては画期的な産休制度を設けており、出産した社員も

会社に復帰できる仕組みでした。

 

しかし当時の社会の実情として保育所などが未整備でしたので、

ある程度子育てが落ち着くまでは、女性社員はなかなか会社に復帰できません

でした。

 

わざわざ戦力となるまで育てた女性社員たちが、結婚・出産を境に

数年間も出社できないというのは同社にとって悩みの種です。

 

それを解消するために、あえて20代の女性ではなく、

30代で子育てが一段落した女性を中途採用したのでした。

 

これは花森安治と大橋鎭子の発案ですが、一度仕事を離れた既婚女性を

正社員として募集したのは大反響があり、何百人という応募がありました。

 

またこの時の募集で入社した3名の女性社員たちは期待に応え

戦力として末永く活躍したので、この採用戦略は見事に当たりました。

 

同誌のターゲットが主に女性であることや数多くの日用品や家電製品などの

商品テストをおこなっていることから、どうしても女性社員の割合が大きくなる

ところですが、暮しの手帖はまたもアイデアでそのハンデを乗り越えるのでした。

 

ドラマは最終盤を迎えるころですので、もしかしたら村野綾もいつの間にか

あなたの暮しのメンバーになっていたという展開かもしれません。

 

しかし彼女の中途採用には、このような驚きの史実の下敷きがあったのです♪

 

スロギー最安値激安

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ