とと姉ちゃん|三女の美子と花山の関係は?大橋芳子はどうだった?

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』では、三女の美子が花山伊佐次に

心酔していきます。

 

花山の注意はよく聞きますし、常子と彼の意見が対立した場面では

花山に同調することもしばしばです。

 

またふたりが広告を巡って揉めて花山があなたの暮し出版を去った時にも、

美子は水面下で動いてふたりの和解の陰の立役者となります。

 

すべては美子が花山を尊敬する思いからの行動ですが、

モデルとなっている大橋芳子と花森安治の関係

どうだったのでしょう。

 

CIMG4424

(花森と打ち合わせをする芳子)

 

三女の美子と花山の関係は?大橋芳子はどうだった?

 

スポンサードリンク

 

美子のモデルの大橋芳子はドラマとは異なり、

一貫してデスクを担当していました。

 

出版物の進行状況のチェックや編集費の管理などが主な仕事でしたが、

芳子には花森安治の有能なアシスタントという役目もありました。

 

頑固で気難しい花森は、やはり誰とでも合うタイプではなかったようです。

 

一方の芳子は多少のせっかちな面もあったものの要領がよく、

気も利き、他人に気遣いもできる人物でした。

 

恐らく花森も芳子のそんな面を気に入っていたのでしょう。

 

地方に取材に行く時にもしばしば芳子を同行させました。

 

彼は非常に几帳面でもあったので、自分の机の掃除

芳子にしかさせなかったというエピソードもあるので、

ふたりは深い信頼関係で結ばれていたことがわかりますね~

 

スポンサードリンク

 

花森と長きにわたりタッグを組んだ姉の大橋鎭子は、

行動力や人に対する優しさなどは人一倍ありますが、

アバウトでガサツな面もありました。

 

芳子の机がキチンと整理整頓されていたのに対し、

鎭子の机は散らかっていたとの逸話もあります。

 

そのため人としては鎭子よりも芳子のほうが花森と

合ったのでしょうし、花森も芳子を可愛がったようです。

 

ドラマではこのような花森と芳子の関係を考慮して、

花山と美子の関係を描いているようですね。

 

次女の鞠子は結婚を機にあなたの暮し出版を退社しそうですが、

三女の美子は長姉の常子とともに長きにわたって花山と時間を共有しそうです。

 

恐らくふたりは信頼関係を築いていくことでしょうし、

美子も花山のアシスタントのような役回りを果たすかもしれません。

 

そして花山はモデルの花森同様、晩年は体調を崩す可能性が高く、

病気を抱えながら編集長の仕事をまっとうしていく流れになりそうです。

 

そんな花山を間近で支えるのが、三女の美子になりそうですね♪

 

以前は「お絵かき娘」呼ばわりされて、花山の酷評で

涙を流しそうになった美子ですが、今後築かれてくふたりの関係には注目です!

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ