とと姉ちゃん|岡緑(悠木千帆)のモデルは清水洋子!役どころは?

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』では、経理担当の水田正平(伊藤淳史)とともに

庶務を担当する岡緑(おかみどり・キャストは悠木千帆)があなたの暮し出版に

入社しました。

 

同社は従来のメンバーの常子ら小橋三姉妹、花山伊佐次の総勢6名での

船出となりましたが、雑誌のヒットとともに規模を拡大していくことになります。

 

『とと姉ちゃん』の初回でちらっと映ったその後のあなたの暮し出版ですが、

だいぶ賑やかになっていましたよね~

 

ところで悠木千帆さん演じる岡緑のモデルは、

「暮しの手帖」の創刊メンバーだった清水洋子です。

 

暮しの手帖 創刊号

(暮しの手帖創刊号には名前がある)

 

岡緑(悠木千帆)のモデルは清水洋子! 役どころは?

 

スポンサードリンク

 

岡緑のモデルの清水洋子は、大橋鎭子と花森安治が衣装研究所を立ち上げて、

「スタイルブック」を発売した直後に合流します。

 

「スタイルブック」の創刊号は大いに売れたことから人手不足となり、

洋子と鎭子の女学生時代の親友の中野家子(村野綾のモデル)が

入社することになります。

 

ちなみにドラマでは岡緑とともに水田正平も入社しましたが、

モデルの横山啓一が入社したのはそれよりも少し前です。

 

清水洋子と大橋鎭子のつながりは、鎭子が戦前に勤務していた

日本読書新聞時代に遡ります。

 

日本読書新聞に入社した鎭子は、間もなく日本出版文化協会へと出向になりますが、

その職場の同僚の娘が洋子だったのです。

 

恐らくそのつながりで、鎭子が中野家子とともに声をかけ入社することになったのが、

洋子と思われます。

 

ちなみに同時期に鎭子の女学校時代の後輩で、後にシャンソン歌手として活躍する

石井好子にも声をかけていますが、歌手の道を選び辞退しています。

 

洋子の詳細は資料があまりなく不明な点が多いのですが、

少なくともドラマのように庶務担当ではなく、編集部員のひとりでした。

 

スポンサードリンク

 

年齢も岡緑役の悠木千帆さんは40代ですが、洋子は20代で恐らく大橋鎭子よりも

少し年下のようです。

 

初期の「暮しの手帖」の名物企画になった直線裁ちのコーナーのモデルは

主に鎭子が務めましたが、洋子とともに写っている写真もあります。

 

CIMG4425

 

一応肩書は編集部員ですが、小さな出版社だったので何でもやったのでしょう。

 

※経理の横山啓一も当時は営業をおこなったりしている

 

ただし、大橋鎭子の書籍や資料で掲載されている洋子の写真は若い時のものばかりで、

恐らく結婚を機に退社したと思われます。

 

昭和44年(1969年)におこなわれた「暮しの手帖」100号の記念会では、

創刊初期のメンバーの記念写真が撮られましたが、洋子は写っていません。

 

暮しの手帖100号

※横山啓一(前列左)や中野家子(後列右から三人目)はいます

 

このようにドラマの岡緑とは年齢も担当も異なりますから、

緑は洋子がモデルながらも限りなくドラマオリジナルのキャラクター

に近いようですね。

 

リアルでは中野家子を加えた7名で創刊した「暮しの手帖」ですが、

山あり谷ありを経ながらも大きな出版社へと成長していきます。

 

あなたの暮し出版の今後も楽しみですね♪

 

スロギー最安値激安

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ