とと姉ちゃん|常子と同期の後藤はおのののか!重要な役割とは?

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』では、女学校の最終学年になった常子は

就職活動をはじめることになります。

 

と言っても、当時の女学生たちの進路はほとんどが結婚で、

女子が「職業婦人」となるのはまだまだ珍しい時代。

 

また親友の綾は、常子にタイピストになることを勧めますが、

既に女学校のタイピストの推薦枠は1組の後藤さんに決まっています。

 

ところでこの後藤さんを演じたのは、人気グラビアアイドルのおのののかさんです。

 

ほんの数秒の登場でしたから、わからなかった方もいるかと思います。

 

しかし実はおのののかさん演じる後藤さんは、今後重要な役割を果たすようです!

 

タイピスト記事

 

常子と同期の後藤はおのののか!重要な役割とは?

 

スポンサードリンク

 

おのののか

 

1991年12月13日生

 

おのののかさんは、東京ドームでビール売りをしながらタレント活動をしていた

ことで知られ、「美人すぎるビールの売り子」などと呼ばれていました。

 

売れっ子になった最近ではタレント、グラビアアイドルのほか、

テレビドラマや映画にも出演しているようですね。

 

おのさんを知らないという方のために、プロ野球での始球式の動画を見つけました。

 

さすがにおのさんのピッチングはご愛嬌でしたが、キュートな人ですね~

 

ドラマでは本当に一瞬だけの登場でしたが、もう少し見てみたい気もしますね♪

 

後藤さんの今後はどうなる?再登場はあるの?

 

スポンサードリンク

 

そんなおのののかさんが演じた常子と女学校の同期の後藤さんですが、

テロップに下の名前もないですし、常子とは別のクラスの生徒という設定ですから、

スポットでの登場のようです。

 

ただし、おのさんの公式ブログによれば、5/24日(火)にも

『とと姉ちゃん』への出演が書かれていますから、再登場があるようです。

 

今回のおのさんの登場シーンは完全な別撮りでしたので、

常子や綾との絡みはありませんでしたが、再登場の際には絡みも期待したいですね~

 

そんなおのさんが演じる後藤さんですが、ドラマでは図らずも

重要な役回りを担いそうです。

 

と言うのは、女学校のタイピストの推薦枠に内定している後藤さんですが、

どうやらそれを辞退するようです。

 

詳細は不明ですが、後藤さんの辞退によって推薦枠が空き、

常子が担任の東堂に推薦してもらうことになります。

 

さらに常子は試験にも合格して晴れてタイピストになることができ、

それによって妹の鞠子も密かに希望していた女子大への進学の夢が実現

することになります。

 

けっこうトントン拍子に物事が好転し、小橋家にとっては嬉しい出来事となりますが、

すべてはおのさん演じる後藤さんの推薦辞退からはじまるようです。

 

恐らく、後藤さんは急に結婚が決まったとかなどの理由で辞退すると思われますが、

けっこう大きな役割を果たすことになりますね♪

 

次回も出演シーンは短いかもしれませんが、ドラマでのおのさんに注目したいですね!

 

毎日19:00~24:59開催!楽天スーパーDEAL6時間限定アイテムが登場!

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ