とと姉ちゃん|平塚らいてうの青鞜とは?常子と鞠子に大きな影響!

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』では、女学校の新たな担任となった東堂チヨ(片桐はいり)

との出会いによって、常子は大きな影響を受けることになります。

 

そしてチヨは尊敬する平塚らいてうが創刊した雑誌「青鞜」を常子に貸しますが、

この雑誌は常子だけではなく、鞠子も大いに感激することになります。

 

平塚らいてうは前作の朝ドラ「あさが来た」にも登場し、

あさと対立したことは記憶に新しいですね♪

 

ところでらいてうが創刊したこの「青鞜」という雑誌は、

どのような内容だったのでしょうか?

 

そして常子や鞠子にどのような影響を与えるのでしょうか?

 

青鞜

 

平塚らいてうの青鞜とは?常子と鞠子に大きな影響!

 

スポンサードリンク

 

雑誌「青鞜」は平塚らいてうが立ち上げた出版社・青鞜社の機関誌で、

明治44年(1911年)に創刊しました。

 

青鞜は当時としては画期的だった女性だけの文芸誌で、

創刊号はかの有名な「原始、女性は実に太陽だった」の

平塚らいてうの辞が掲載されていました。

 

この青鞜はたびたび当時の女性問題を取り上げることで、

女性の地位の向上や解放運動などにも貢献することになります。

 

当時の理想とされる女性像は「良妻賢母」であり、女性には参政権はもちろんのこと、

政治活動の自由さえ認められていませんでした。

 

そしてこの青鞜も、平塚らいてうのイメージもあり

(心中未遂事件で世間の激しいバッシングを浴びていた)、

当時はかなり厳しい批判にさらされました。

 

それでも青鞜は貞操問題や売娼制度などを取り上げて、

社会に問題提起をし続けました。

 

スポンサードリンク

 

しかし度重なる公安からの発禁処分により発売部数は減少し、

大正3年(1914年)にはらいてうが事実婚のパートナーだった奥村博の発病や

育児を理由にして身を引くと、徐々に青鞜も活力を失っていきました。

 

結局、大正5年(1916年)2月の52号をもって雑誌「青鞜」は廃刊となり、

青鞜社も解散となりました。

 

雑誌「青鞜」の出版はわずか4年半あまりでしたが、当時としてはタブーでもあった

女性問題を正面から取り上げたことや、その後のらいてうの功績と相まって

後年は非常に高い評価を得ることになります。

 

ドラマの舞台は昭和11年(1936年)ですから、既に青鞜は廃刊となっており、

青鞜社も解散した後です。

 

しかし担任の東堂チヨは女学校の最終学年となった常子に、

将来の進路を考えるにあたり、「女性だからといってできない」と

決めつけないために、このらいてうの青鞜を貸したように思えます。

 

さらには常子は戦後、自らの出版社を立ち上げることになりますから、

らいてうの青鞜はその伏線にもなるのでしょうね♪

 

また常子が借りてきた青鞜を読んだ鞠子も、大きな影響を受けることになります。

 

鞠子はらいてうの青鞜を読んで、密かに文学者を志すようになり、

大学への進学を目指すようになります。

 

このようにらいてうの「青鞜」は、小橋家の常子と鞠子に大きなインパクトを

与えるようですね~

 

ちなみに常子のモデルの大橋鎭子も「青鞜」を読んだことはあるかもしれませんが、

明確に影響を受けた等は述べていません。

 

なので、このエピソードはドラマオリジナルの可能性が高いものと思います。

 

前作ではヒロインの敵のような役回りの平塚らいてうでしたが、

今作は精神的な主柱になりそうなところに、面白さを感じますね~

 

スロギー最安値激安はコチラ

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ