とと姉ちゃん|常子は青柳商店に戻るの?家業を継ぐ日は来るのか?

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』では、常子は青柳商店の女将で祖母の滝子から、

青柳商店を継ぐことを打診されました。

 

今まで漠然と「家族を守る」と考えていた常子でしたが、これによって

将来を真剣に考えることになります。

 

また滝子はよほど常子のことを気に入っているようですね~

娘の君子との兼ね合いもありましたからそれほど執拗に迫りはしませんでしたが、

本音としては是が非でも青柳商店を常子に継がせたいといったところでしょう。

 

このように今後も注目の常子と青柳商店の関係ですが、

常子が再び青柳商店に戻って家業を継ぐ日は来るのでしょうか?

 

木場

 

常子は青柳商店に戻るの?家業を継ぐ日は来るのか?

 

スポンサードリンク

 

結論から申しますと、常子が青柳商店を継ぐことはありません

 

なぜなら青柳商店は滝子と清の代で、暖簾を降ろすことになるからです。

 

別の記事でも書きましたが、日中戦争勃発後に発令される価格等統制令や

木材配給制などにより、青柳商店をはじめとする深川・木場の材木問屋は

大きなダメージを受けます。

 

最終的に青柳商店も国の統制下に入るか否かの決断を迫られますが、

質の悪い木材を扱うことを拒んだ滝子は苦渋の決断の末に、

200年続いた老舗材木問屋の青柳商店を閉店することを決めます。

 

このように残念ながら青柳商店は昭和17年(1942年)に暖簾を降ろす

ことになるので、滝子の望みである常子が青柳を継ぐことはありません。

 

しかしそんな中、常子ら小橋一家が青柳商店に戻り、再び滝子と暮らす日

は来ます!

 

その原因は森田屋の閉店と高崎への移転です。

 

こちらも他の記事でご紹介しましたが、昭和15年(1940年)に森田屋は

深川の店を閉めて、群馬県の高崎に移転することになります。

 

森田屋も前記の価格等統制令により経営が圧迫され、軍需景気に沸く

高崎に活路を求めることになるからです。

 

そしてその際、森田屋に住み込みで働いている常子ら小橋一家は、

再び青柳商店に戻ることになります。

 

それ以前に滝子と君子は既に和解をするのですが、小橋一家は森田屋の

貴重な戦力になっており簡単には滝子のもとに戻ることはできませんでした。

 

しかし森田屋の閉店に伴って再び行き場を失った小橋一家に、

滝子が手を差し伸べるのです。

 

そして、常子ら小橋一家と滝子がともに暮らす時間こそ、

ドラマの前半のクライマックスになるようです。

 

スポンサードリンク

 

その頃すでに青柳商店の経営は傾いており、滝子の体調も悪化して

死を覚悟しています。

 

そしてそのような状況の中で、前記のとおり滝子は青柳商店を閉める

決断を下します。

 

まさに滝子の自らの経営哲学による決断でしたが、そのような滝子の姿を

常子、鞠子、美子、そして君子は目の当たりにすることになります。

 

このような滝子の高い理想のもと、老舗のプライドを守る姿勢は

小橋一家の心に必ずや刻まれるはずです。

 

特に将来的に会社を経営することになる常子には、

滝子の経営理念や経営哲学は大きな財産となるはずです。

 

常子ら小橋一家と滝子が青柳商店で再び暮らす日々はわずか一年あまりですが、

濃密な人間ドラマが繰り広げられそうですね♪

 

まさに前半のクライマックスになるでしょうから、今から楽しみです!!

 

毎日19:00~24:59開催!楽天スーパーDEAL6時間限定アイテムが登場!

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ