とと姉ちゃん|青柳滝子の驚きの思惑!東京深川での小橋一家の今後は?

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』では、常子(高畑充希)ら小橋一家は住み慣れた

浜松を離れて、東京の深川へと移り住むことになります。

 

深川には君子(木村多江)の母の青柳滝子(大地真央)がおり、

小橋一家は滝子の世話になるために深川に移るのですね~

 

君子と滝子は長年にわたって絶縁状態でしたが、君子は娘たちを女学校へ

通わせるために滝子を頼ります。

 

君子としては苦渋の決断ですが、長年の確執・絶縁を水に流し、

小橋一家を受け入れる滝子も立派!

 

と思いきや、実は滝子には他の思惑があったのです!

 

深川へ行った小橋家の今後はどうなってしまうのでしょうか?

 

木場

 

驚きの青柳滝子の思惑とは?

 

スポンサードリンク

 

青柳商店の大女将滝子の驚きの思惑とは、常子を跡取り息子の清(大野拓朗)の

に迎え入れようとするものです。

 

戸籍上は君子と姉弟で常子の叔父にあたる清ですが、清は滝子の実子ではなく

養子なので、常子と結婚することも問題はないようです。

 

もちろん常子ら娘たちの将来を思って、滝子に世話になることを決めた

君子にとっては青天の霹靂です。

 

君子にとってみれば、そもそも滝子が小橋一家を受け入れたのは、

最初から娘の誰かを清の嫁にするためだったということになります。

 

そして滝子が君子の結婚相手を勝手に決めようとした過去も相まって、

君子は滝子に対して再び猛反発。

 

滝子も君子の態度に激怒して、結局は小橋一家は

青柳商店を追い出されてしまいます

 

長年の関係をリセットしかけた君子と滝子でしたが、

それは瞬く間に崩れてしまいました。

 

ドラマならではの感もありますが、どうやらこの親子は一筋縄にはいかないよう

ですし、普段はおっとりした君子も滝子に関しては人が変わってしまうようですね~

 

すべては君子の誤解だった! 東京深川での小橋一家の今後は?

 

スポンサードリンク

 

実は君子が思う滝子の思惑は、君子の誤解でした。

 

滝子は常子を清の嫁にしようとしますが、それは滝子が前向きな常子の性格に

女将としての資質を見抜いたためです。

 

滝子は最初から小橋家の娘たちを清の嫁にするために、

一家を深川に呼び寄せたわけではなかったのです。

 

このあたりは君子の誤解が原因ですが、やはりそもそも滝子と君子の

コミュニケーション不足や会話不足が遠因となっているようですね~

 

長年の絶縁状態もあったので、どこかぎこちない親子関係が

無用な誤解を引き起こしたように思います。

 

常子や鞠子、美子も深川の暮らしに慣れはじめ、祖母の滝子にも

懐きはじめましたが、青柳商店を出て行かざるを得なくなります。

 

そんな小橋一家が転がり込むのが、老舗の仕出し屋の森田屋です。

 

そしてこの森田屋にはかなり個性的なキャラが揃っています。

 

滝子と犬猿の仲の大女将のまつ(秋野暢子)、夫婦喧嘩が絶えない

主人の宗吉(ピエール瀧)と照代(平岩紙)、跡取り娘の富江(川栄李奈)、

いい加減な板前の長谷川(浜野謙太)などなど…

 

この森田屋の面々を見ても、住み込みで働くことになる小橋一家を巡っては、

話は色々と転がっていくようですね~

 

どうやら深川では小橋一家が転がり込む森田屋がメインの舞台となって、

ストーリーも進んでいくようです。

 

なかなか盛りだくさんの内容になりそうな今後の深川編を期待しましょう!!

 

(PR)

便秘や基礎代謝でお悩みの方必見!期間限定お試し価格でのご提案です

「自信あり」とのことで初回のみでの解約も可能です。一読の価値はありそうです

 

毎日19:00~24:59開催!楽天スーパーDEAL6時間限定アイテムが登場!

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ