とと姉ちゃん|秋野暢子の森田まつのモデルや役どころ!滝子と犬猿

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』では、ヒロインの小橋常子(高畑充希)ら

小橋家の一家は東京の深川に移住後に、老舗の仕出し屋「森田屋」

住み込みで働くことになります。

 

当初は常子の母親の君子(木村多江)の実母の青柳滝子(大地真央)を頼って

上京したものの、君子と滝子は再び訣別。

 

行き場を失った小橋一家を受け入れたのが森田屋でした。

 

そして森田屋を仕切る大女将が秋野暢子さん演じる森田まつです。

 

この森田まつのモデルや役どころをご紹介します。

 

深川2

(昭和初期の東京・深川)

 

秋野暢子の森田まつのモデルや役どころ!滝子と犬猿

 

スポンサードリンク

 

秋野暢子さん演じる森田まつのモデルとなっている人物はいません。

 

ドラマの舞台として浜松の次に東京・深川が描かれますが、

父親の武雄(竹蔵のモデル)が育った場所であることに起因します。

 

深川は常子のモデルの大橋鎭子の出生地でもありますが、在住したのは

生後一年あまりなので、ドラマの深川の登場人物はすべてオリジナルの

キャラクターということになります。

 

とは言え、ドラマの深川編では小橋一家は大半の時を森田屋で過ごすことに

なりますから、まつや森田屋の人びとは重要な役割を担うことになります。

 

まつは老舗の仕出し屋の大女将で口は悪いけれど、きっぷがよく人情に厚い人物です。

 

舞台が下町の深川ですし、まつのキャラクターからすれば

典型的な江戸っ子キャラのようですね~

 

スポンサードリンク

 

昭和初期にはこのような人も多かったように思えますので、

当時の下町のリアリティーなどもまつの中に見ることができそうですね。

 

さらにはまつは君子の実母で老舗材木問屋の青柳商店を仕切る青柳滝子とは、

犬猿の仲という設定です。

 

滝子もバリバリのキャリアウーマンでまつとキャラクターがかぶるのですが、

お互いプライドが高いのでしょうか?

 

実力のほどは認め合っているのでしょうが、どうも滝子とはうまくいかないようです。

 

そんなまつが滝子に追い出されてしまうことになる小橋一家に助け舟を出す

というのも、見どころのひとつになりそうですね~

 

滝子としては常子ら孫娘は気になるものの、住んでいるところが森田屋なので

おいそれと手を出せないという設定もなんだか笑えそうですね~

 

ちなみにまつ役の秋野暢子さんは、1975年に18歳で朝ドラ

「おはようさん」にヒロイン役で出演しています。

 

40年以上も前のことですし、わたしもその朝ドラは見ていませんが、

新旧朝ドラのヒロインの絡みもありますし、秋野さんの熟練の演技にも

期待したいですね!!

 

(PR)

便秘や基礎代謝でお悩みの方必見!期間限定お試し価格でのご提案です

「自信あり」とのことで初回のみでの解約も可能です。一読の価値はありそうです

 

毎日19:00~24:59開催!楽天スーパーDEAL6時間限定アイテムが登場!

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ