とと姉ちゃん|大橋鎭子は本当に10歳で喪主を務めた?その理由は?

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』では、ヒロイン常子(内田未来)ら小橋姉妹の

最愛の父親・竹蔵(西島秀俊)が結核で亡くなってしまいました。

 

竹蔵が早逝してしまうことは番組でも告知していたことですが、

竹蔵は家長制度がまかり通っていた昭和初期にも関わらず、

とてもいい父親だったので亡くなってしまうのはとても残念です。

 

そしてどうやら竹蔵の葬儀の喪主は妻の君子(木村多江)ではなく、

常子が務めることになるようです。

 

常子は10歳で小学生ですから、これは驚きですね!

 

このあたりは常子のモデルの大橋鎭子はどうだったのでしょうか?

 

大橋鎭子

(大橋鎭子)

 

大橋鎭子は本当に10歳で喪主を務めた? その理由は?

 

スポンサードリンク

 

常子のモデルの大橋鎭子も、父の武雄の葬儀で喪主を務めています。

 

喪主の務めは主に弔問者からの挨拶を受けることですが、

鎭子は父親の葬儀で立派にこの大役を務めました。

 

喪主は葬儀の主催者で夫婦の一方が亡くなった場合には、

もう一方の配偶者が務めることが普通です。

 

本来なら鎭子の母親の久子が喪主を務めるべきところですが、

久子はあえて鎭子を喪主に立てました。

 

これらの詳細な経緯は不明ですが、個人的には久子は鎭子に責任感

家長としての自覚を持たせようとしたように思います。

 

鎭子は様々なところで母親の久子のことを回想していますが、

その多くは「厳しいが優しい母親であった」というもの。

 

スポンサードリンク

 

ドラマでの常子の母親の君子は、ここまで優しさが前面に出ているキャラクターで、

本来の久子はもう少し厳しい母親だったようにも思えます。

 

なので鎭子に敢えて喪主を務めさせたのは、久子の教育の一面であったようにも

思います。

 

実際に鎭子もこの時の経験を振り返って、度胸のある人間になれたのは

母親の久子のお陰と言っています。

 

その意味では武雄の葬儀に鎭子を喪主としたのは、後々の鎭子にとっては

ためになる経験だったようですね♪

 

「暮らしの手帖」を創刊することになる鎭子ですが、実際に著名人などに

ムリとも思われる原稿の依頼を引き受けてもらったり、たとえ断られても

諦めずに何度も足を運んで粘り勝ちしたりしました。

 

かなり前向きでけっこうな度胸の持ち主の鎭子ですが、幼少期のこのような体験が

そのベースとなったようですね。

 

鎭子はポジティブでありながらも、決して人としての優しさや思いやりを

忘れない人物です。

 

思うに父親を早くに亡くしながらも、そのような女性に育てた母親の久子

とても立派な人物だったのでしょう。

 

このような実在の久子の考えや信念なども、ドラマが進むにつれて

君子のキャラクターに反映されていくように思われます。

 

ドラマは小橋家の三姉妹を中心に描かれますが、

その母親の君子にも注目していきたいと思います。

 

(PR)

便秘や基礎代謝でお悩みの方必見!期間限定お試し価格でのご提案です

「自信あり」とのことで初回のみでの解約も可能です。一読の価値はありそうです

 

毎日19:00~24:59開催!楽天スーパーDEAL6時間限定アイテムが登場!

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ