とと姉ちゃん|大地真央の青柳滝子のモデルは?複雑な人間関係は?

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』では、大地真央さん演じる青柳滝子

が登場します。

 

滝子の設定は東京・深川の老舗材木問屋・青柳商店の女将にして、

ヒロインの小橋常子(高畑充希)の祖母です。

 

しかし実の娘である常子の母の君子(木村多江)とはかつてケンカ別れして

絶縁状態といいますから、穏やかではありません。

 

さらには青柳商店の跡取り息子である(大野拓朗)とは、

血のつながりがなく養母と養子の関係。

 

滝子を巡っては人間関係も複雑で、いかにも様々なドラマが生れそうな

設定ですね~

 

そんな滝子ですがモデルとなった人物はいたのでしょうか?

 

深川

(昭和初期の東京・深川)

 

大地真央の青柳滝子のモデルは?複雑な人間関係は?

 

スポンサードリンク

 

大地真央さん演じる青柳滝子ですが、厳密な意味でモデルとなった人物は

いません。

 

ヒロインの小橋常子のモデルの大橋鎭子については、その祖母は不明ですし、

恐らく東京ではなく北海道在住のはずだったと思われるからです。

 

ただし、鎭子の父の武雄の養父母の大橋谷吉・きん夫婦は東京の深川で

材木商を営んでおり、鎭子自身も生まれは当地です。

 

なので滝子は、武雄の生い立ちや鎭子も縁のある深川という場所に着目して

創りだされたキャラクターのようです。

 

ドラマの常子にとっては滝子は本来父方の祖母ということになるのが自然ですが、

常子の母親の君子との確執も描きたいがために、母方の祖母という設定にしたと

考えます。

 

そうはいっても武雄の養父母の大橋谷吉・きん夫婦に関しては

ほとんど資料もないことから、滝子も設定の一部以外は

ドラマオリジナルのキャラクターと言っていいでしょう。

 

そのため君子との確執や清と血縁関係にないことなど、

一連の滝子に関する複雑な人間関係もドラマならではということになりますね。

 

ただし、そうはいっても君子と滝子の確執や対立は気になりますよね~

 

スポンサードリンク

 

君子はだいぶ前に滝子とは絶縁したものの、夫の竹蔵の死後、

経済的に困窮して娘たちの将来を考えた末に滝子を頼ります。

 

元サヤに収まったように思えた君子と滝子ですが、

後に君子は再び自分自身で常子らを育てようとします。

 

このような実の母親と祖母の対立は常子ら小橋家の三姉妹に親子の在り方

問うでしょうし、場合によっては暗い影を落としかねません。

 

まぁ~NHKの朝ドラですから、どこかで君子と滝子は和解するはずですが、

その落としどころなども気になりますね~

 

さらには滝子の養子の清も、いきなり滝子と血縁関係にある小橋姉妹が

現われることで、色々と悩んでしまいそうですね。

 

滝子のキャスティングが大地真央さんであることを考えると、

滝子はバリバリのビジネスウーマンで、時として家庭を犠牲にすることもあった

ように思います。

 

さらには青柳商店は創業200年の老舗材木問屋で、君子が11歳の時に

父(滝子の夫)が他界してからは、滝子が切り盛りしてきたという設定。

 

しかも、けっこう裕福といいますから、何だか「あさが来た」の

山王寺屋のお菊さんに近い雰囲気も感じますね~

 

一方の君子は家庭的な人ですから、そのあたりにふたりの確執の原因なども

ありそうですね。

 

いずれにしても滝子を巡る人間関係には注目ですね!

 

(PR)

便秘や基礎代謝でお悩みの方必見!期間限定お試し価格でのご提案です

「自信あり」とのことで初回のみでの解約も可能です。一読の価値はありそうです

 

毎日19:00~24:59開催!楽天スーパーDEAL6時間限定アイテムが登場!

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ