とと姉ちゃん|及川光博の五反田一郎のモデルは田所太郎!常子を口説く

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』には、ヒロインの常子が入社する出版社の編集者として、

及川光博さん演じる五反田一郎が登場します。

 

常子は最終的に妹たちと出版社を運営し成功するのですが、

出版業のノウハウを叩きこんだのがこの五反田一郎であり、

社長の谷誠治(山口智充)ですから恩人のひとりですね♪

 

五反田一郎を演じる及川光博さんは朝ドラ初出演。

 

ドラマでの五反田はキザな役とのことですから、及川さんには

ピッタリとハマる役かもしれませんね~

 

ところで五反田一郎のモデルとなったのは、田所太郎という人物です。

 

及川光博の五反田一郎のモデルは田所太郎!常子を口説く

 

スポンサードリンク

 

五反田一郎のモデルとなっている田所太郎は、常子のモデルの大橋鎭子が入社する

日本読書新聞の編集長です。

 

田所は明治44年生まれで、後に常子のビジネスパートナーとなる編集者の花森安治

(ドラマの花山伊佐治のモデル)とは旧制松江高校、東京帝国大学を通じて

大学新聞などをともに編集した仲です。

 

昭和16年に日本出版文化協会に入り、機関誌の日本読書新聞の編集長として

書評新聞のスタイルを作り上げます。

 

この日本読書新聞に大橋鎭子が入社するので、実際に田所は鎭子に編集などの

出版業務のノウハウを教えたのでしょう。

 

さらに盟友の花森安治を鎭子に紹介したのも田所です。

 

スポンサードリンク

 

鎭子と花森の出会いは運命的で、後に刊行する「暮らしの手帖」を生み出すことから、

このコンビを生み出すことになった田所も影の功労者のような存在です。

 

現時点では田所に関する資料もそれほど多くありませんが、放送開始直前には

色々と出てくるようですのでガッツリ追記する予定です♪

 

※追記

その後のリサーチで五反田一郎は田所太郎に加え、大橋鎭子の日本読書新聞時代の

同僚であった柴田錬三郎(後の直木賞作家のシバレン!)の要素も加味されている

可能性も出てきました(さらに詳細がわかれば追記しておきます)。

 

大橋鎭子と柴田錬三郎の関係はこちらをどうぞ
大橋鎭子の日本読書新聞の同僚は柴田錬三郎!登場は?
 

ところでドラマで及川光博さんが演じる五反田一郎は、かなりキザなキャラクターで、

高畑充希さん演じる常子をサポートする反面、口説きもするようです。

 

とすれば五反田一郎は常子をビシビシ指導して編集者として成長させる反面、

時に常子にちょっかいを出そうとするなど、そのキャラはなかなか

魅力的かもしれませんね♪

 

いずれにしても五反田は常子にとってはかけがいのない恩師のような

人物となるようですね。

 

シリアスさとコミカルさを兼ね備えた登場人物のようなので、

なかなか楽しみな存在になりそうです

 

実際の大橋鎭子と田所太郎の関係も気になりますが、今しばらくお待ちくださいませ!

 

【楽天スーパーDEAL】毎日更新!人気ブランドが30%以上ポイントバックも!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ