とと姉ちゃん|山口智充の谷誠治のモデルは?どんな役どころ?

 

朝ドラ『とと姉ちゃん』のヒロイン小橋常子(高畑充希)は、戦後大ヒットした

生活総合雑誌「あなたの暮らし」を刊行することになります。

 

そんな常子ですが、最初から雑誌の編集者を目指していたわけではなく、

紆余曲折あって辿り着きます。

 

そんな常子に書籍の編集などのノウハウを最初に教えたのが、

山口智充さん演じる谷誠治です。

 

谷は出版社の社長兼編集長という肩書で、新聞の求人記事を見て入社してきた常子に

編集者の五反田一郎(及川光博)とともに、常子に出版事業全般について教え込みます。

 

この経験こそが戦後、常子が出版社を立ち上げる際に役に立ったばかりか、

その後大ヒットする雑誌「あなたの暮らし」の刊行に役に立ったのは言うまでもありません。

 

そんな役どころの山口さん演じる谷誠治ですが、そのモデルとなった人物は誰でしょうか?

 

山口智充の谷誠治のモデルは?どんな役どころ?

 

スポンサードリンク

 

山口智充さん演じる谷誠治のモデルですが、現在調査中です。

 

※追記

その後のリサーチで谷誠治モデルは大橋鎭子が在勤中の日本読書新聞の編集長

だった田所太郎のようです。

 

どうやら山口智充さんの谷誠治と及川光博さんの五反田一郎は、

ともに田所太郎をモデル造形された人物のようです。

 

小橋常子のモデルの大橋鎭子は、大学中退後に設立したばかりの日本読書新聞社

入社することになりますが、現時点で当時の同社の詳細についての資料は少なく

現在調査中です。

 

※追記

大橋鎭子が入社した日本読書新聞の詳細はこちらをどうぞ
とと姉ちゃん|常子が入社する甲東出版のモデルは日本読書新聞
 

同社の初代編集長は中貞夫という人物ですが、それが谷誠治のモデルかと言えば、

どうもピンとこないです。

 

 

スポンサードリンク

 

現時点では社名は不明(※甲東出版)ですが、常子が入社することになる出版社では

出版のノウハウを学びますし、五反田一郎との出会いもあります。

 

この五反田一郎を介して、常子は後にパートナーとして「あなたの暮らし」を

刊行することになる花山伊佐次(唐沢寿明)と出会うことになります。

 

常子や小橋家三姉妹の頑張りもありましたが、「あなたの暮らし」の成功は

この花山なしでは考えられなかったので、

 

結果からすれば、常子が山口智充さんが社長を務める出版社に入社することは、

後の運命的な出会いにも通じることになります。

 

花森安治がモデルとなっている花山らとは異なり、山口さん演じる谷誠治のモデルは

資料の点からしても、多分にドラマオリジナルのキャラクターの要素が多そうですね。

 

ただし、その設定から考えるに同じく常子を指導する五反田一郎とともに、

谷は常子の恩師のような存在になることは間違いなさそうです。

 

またお笑いの山口智充さんがキャスティングされていることから、

真面目一辺倒の人物ではなく、多分にコミカルな要素もあるでしょう。

 

戦後に出版社を立ち上げて大ヒット雑誌を生み出すことになる常子にとっても、

谷の経営する零細出版社での経験も大いに活きることになりそうですし、

常子の「育ての親」のような谷や五反田との絡みは期待しちゃいますね!

 

いずれにしても、谷も常子の恩人のような存在ですから、詳細が判明しましたら

ガッツリ追記しておきます!

 

激安を探すならまずはココ!日替わりセール品をチェック

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ