まんぷく|名木純也(上川周作)のモデルや役どころ!べっぴんさんにも出演

 

朝ドラ『まんぷく』には忠彦の新しい弟子として、名木純也(上川周作)が登場しました。

 

名木は長髪でヒッピーのようないで立ちですが、当時はヒッピームーブメント真っ盛りでしたから、進んだ若者なのですね~

 

そんな名木のモデルや役どころ、キャストの上川周作さんのご紹介などをしていきます。

 




 

名木純也(上川周作)のモデルや役どころ!べっぴんさんにも出演

 

スポンサードリンク



 

上川周作(かみかわ しゅうさく)

 

 

1993218日生(26歳)

身長168

 

上川周作さんは京都造形芸術大学で演技を学んで、卒業後は人気劇団「大人計画」に入団した俳優さんです。

 

大人計画は松尾スズキさんが主宰する劇団で、阿部サダヲさんや宮藤官九郎さん、平岩紙さんや荒川良々さんらの人気俳優が所属。

 

かつては星野源さんも所属していました(現在はマネジメント契約のみ)

 

上川さんは当初は大人計画の舞台を中心に活動していましたが、このところはテレビドラマや映画にも出演。

 

「真田丸」や「西郷どん」、「監獄のお姫さま」などの人気ドラマに出演しています。

 

またNHKの朝ドラ「べっぴんさん」にも出演しており、ヒロインの娘のさくら(井頭愛海)やその夫となる健太郎(古川雄輝)と同期入社の阿部靖夫を演じていました。

 

 

「べっぴんさん」の際にはあまり印象的なキャラクターではなかったものの、今回の名木は強烈な個性のキャラですね~

 

そんな名木のドラマでの役どころですが、画期的な商品である「まんぷくヌードル」のデザインを担当することになります。

 

当初は「まんぷくラーメン」と同じように、萬平は忠彦にまんぷくヌードルのデザインを依頼します。

 

その際には「洋風で新しさがあって、世界に通用するデザイン」という難しい注文が付きますが、忠彦はあえて若い名木にそのデザインを任せることになり、彼も苦心しながらもその大役を果たすことになります。

 

周知のとおりまんぷくヌードルのモデルは日清食品のカップヌードルですが、どんなデザインになるかは楽しみですね♪

 

 

ちなみにカップヌードルのデザインを手掛けたのは、グラフィックデザイナーで大阪を拠点に活動していた大高猛さんです。

 

大高さんは1970年の大阪万博のシンボルマークを手掛けたことで知られており、その手腕を認められて1971年発売のカップヌードルのデザインを担当しています。

 

 

またカップヌードルのデザインは発売当初から基本的には変わっておらず、海外で販売されている商品も同様のロゴマークのデザインとなっています。

 

 

さらに安藤百福もこのデザインを気に入ったのか、後に日清食品のシンボルマークも大高さんに依頼しています。

 

 

ただしこの大高猛さんがドラマの名木のモデルかと言えば、ちょっと微妙です。

 

と言いますのは大高さんがカップヌードルのデザインを担当した際には既に45歳でしたし、忠彦のモデルとなっている日本画家の有元一雄も詳細ははっきりしません。

 

そのためドラマの名木に関してはほぼドラマオリジナルの登場人物と言っても過言ではなさそうです。

 

とは言えヒッピー風の名木が苦心してまんぷくヌードルのデザインを完成することになりますので、このあたりには注目です。

 

上川周作さんの演技にも期待ですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク



 




 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ