まんぷく|戸塚洋子役のぎぃ子って誰?モデルや役どころ

 

朝ドラ『まんぷく』では、まんぷく食品の社員の戸塚洋子役で女優のぎぃ子さんが登場します。

 

ほとんど名前を聞いたことのない女優さんですが、このぎぃ子さんはどのような方なのでしょうか?

 

戸塚洋子のモデルや役どころと併せてご紹介いたします。




 

戸塚洋子役のぎぃ子って誰?モデルや役どころ

 

スポンサードリンク



 

ぎぃ子

 

 

1991120日生(28歳)

身長154

京都造形芸術大学 芸術学部映画学科俳優コース卒業

 

ぎぃ子さんは大学で演技を学んで、卒業後に女優デビュー。

 

当初は舞台やインディーズ映画を中心に出演していましたが、2017年に芸能事務所に所属してからは活動の幅も広がって、テレビドラマにも出演しています。

 

舞台では主演作の「みんなの捨てる家。」が2018年の門真国際映画祭の舞台映像部門で最優秀主演女優賞を受賞しています。

 

また2018年には「Thank you for coming」で映画に初主演を果たしています。

 

 

テレビドラマは「先に生まれただけの僕」や「anone」に出演していますが、いずれもチョイ役のようです。

 

ぎぃ子さんは誰? という方に主演映画「Thank you for coming」の予告編がありましたのでご紹介します。

 

 

なかなか雰囲気のある女優さんですね~予告編を見る限りでは演技もなかなか上手そうです♪

 

また前述のぎぃ子さんのキャリアからすれば、NHKの朝ドラは大抜擢ですね。

 

そんなぎぃ子さんが演じる戸塚洋子はまんぷく食品の社員ですが、「まんぷくラーメンを超える商品」の開発のために新商品開発チームのメンバーに選ばれます。

 

 

このチームは商品開発部部長の神部が率いるチームで、洋子のほか西野紀之、久坂隼人、そして萬平と福子の長男の源も所属することになります。

 

そしてこのチームが開発を手掛けるのは、当時としては画期的な商品の「カップラーメン」です。

 

最終的には「まんぷくヌードル」として世に送り出されるこの商品のモデルは、周知の通り日清食品のベストセラーの「カップヌードル」です。

 

実際のカップヌードルもかなりの苦労を経て開発に成功していますから、洋子ら新商品開発チームのメンバーたちも四苦八苦するはずです。

 

また同時に萬平と源の親子の確執も勃発しますから、その板挟みにもなりそうですね~

 

そしてぎぃ子さんが演じる戸塚洋子のモデルは安藤百福の次男の安藤宏基(源のモデル・現日清食品ホールディングスCEO)が設立した日清食品マーケッティング部の社員です。

 

具体的な氏名などは不明ですが、1969年(昭和44年)からこのマーケッティング部の主導で、カップヌードルのプロジェクトチームが組織され、本格的な開発に着手しています。

 

そして1971年(昭和46年)9月にカップヌードルの発売にこぎつけていますが、かなりの紆余曲折を経ての開発でした。

 

このあたりのエピソードの詳細については、以下の記事をご参照ください。

 

まんぷくヌードルのモデルのカップヌードルはこうして完成した!

 

いずれにしてもカップヌードルをモデルにしているまんぷくヌードルの開発はドラマのクライマックスとなります。

 

その開発を手掛けることになる洋子も重要な役どころを担いそうです。

 

NHKの朝ドラ初登場のぎぃ子さんの洋子の演技も含めてこのあたりは期待ですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク



 




 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ