まんぷく|菅田将暉の東太一のネタバレ!驚きの大活躍

 

朝ドラ『まんぷく』では、萬平が再び進駐軍のMP逮捕されていましいました。

 

前回の反乱罪容疑での逮捕は無罪放免となりましたが、今回は脱税の罪で有罪となって重労働4年と罰金7万円の有罪判決を受け、刑務所にも収監されてしまいます。

 

とは言え従業員たちに渡していた奨学金が給与とみなされて、所得税法違反というかなりの無理のある逮捕ですが、相手が進駐軍ということで弁護を引き受けてくれる弁護士がみつかりません。

 

そんな中、登場するのが菅田将暉さん演じる若き弁護士の東太一です。

 

 

以下では東の役どころや働きなどのネタバレをご紹介します。

 

菅田将暉の東太一のネタバレ!驚きの大活躍~その①

 

スポンサードリンク



 

弁護士を探していた福子に東を引き合わせるのは、大衆食堂やまねの看板娘である谷村美代子(藤本泉)です。

 

彼女の兄の友人が東で、福子との面会を経てこの件の弁護を引き受けることになります。

 

東は2年目の駆け出し弁護士という設定ですが、東京帝国大学を首席で卒業したエリートです。

 

また福子は萬平の釈放ではなく、7万円の罰金の支払いについて彼に委任することになります。

 

社長が逮捕されたたちばな栄養食品にそんな大金を融資してくれる銀行はないことから、萬平や福子はたちばな栄養食品の本社や東京支社を整理してお金を作るしかないと考えていました。

 

東はこれまで会社整理の経験はありませんでしたが、東京支社とダネイホンの販売権をセットで売却することで、たちばな栄養食品の本社を守るプランを提案します。

 

 

これによってたちばな栄養食品はダネイホンの販売をすることはできなくなりますが、本社では引き続きその製造はできるということになります。

 

本社の売却も覚悟していた萬平や福子はこの提案に涙して喜びます。

 

また東の尽力もあって東京支社とダネイホンの販売権は罰金と同額の7万円で売却することができ、泉大津のたちばな栄養食品は売らずに済むことになります。

 

東は若いながらも切れ者ののようで、このあたりはさすがといったところですが、ホッとする暇もなく次なる難題が彼の前に立ちはだかることになります。

 

菅田将暉の東太一のネタバレ!驚きの大活躍~その②

 

スポンサードリンク



 

次なる難題とは、東京財務局が脱税分の追徴課税としてなんと10万円もの支払いを要求してくるのです。

 

これは明らかに不当な課税で東や萬平も断固として争う姿勢を見せますが、問題は財務局による差し押さえです。

 

追徴分の支払いを拒めば泉大津の工場や本社を差し押さえられることが予測され、そうなってしまうと全国の愛用者に栄養食品のダネイホンを届けることすらできなくなります。

 

これには萬平もお手上げとなりますが、再び東がアイデアを出します。

 

東のアイデアとはたちばな栄養食品を解散して、ダネイホンの製造法と商標を他社に売却することです。

 

会社がなくなってしまえば財務局はそもそも差し押さえはできませんし、製造法と商標の売却先の会社が引き続きダネイホンを作り続けてくれますから、製品もこれまでどおり全国に供給されることになります。

 

たちばな塩業を立ち上げてから様々な苦労をしてたちばな栄養食品を作り、ダネイホンを開発した萬平はもちろんこの提案をすんなりと受け入れることはありません。

 

しかし東には実は妹がおり、妊娠中に栄養不足で死にかけたのですが、ダネイホンにより一命を取り留めたというエピソードがありました。

 

そのためダネイホンという商品をこの世に残すためにも、萬平はたちばな栄養食品の解散とダネイホンの製造法と商標の売却という苦渋の決断を下します。

 

そして東の尽力と大阪商工会議所会長の三田村の計らいによって、ダネイホンの製造法と商標は北浜食品という会社に12万円で売却されることになります。

 

残念ながらたちばな栄養食品は解散となりますが、東の働きによってダネイホンはこれまでどおり製造・販売されることになるのです。

 

 

菅田将暉の東太一のネタバレ!驚きの大活躍~その③

 

東の活躍はこれだけに留まらず、東京財務局の源泉所得税徴収処分の取り消し訴訟を萬平に持ち掛けます。

 

また東の調査で大蔵省主税局から奨学金は非課税であることが確認されます。

 

つまり萬平の逮捕は明らかな「不当逮捕」ということになります。

 

しかし逮捕を主導しているのは進駐軍で、日本の法律は適用外と開き直ることも予想されます。

 

ここでアイデアを出すのは東と世良で、ふたりは世論を味方につける提案をします。

 

大阪の新聞社の世良の知り合いや東京の新聞社の東の先輩たちを通じてこれら一連の不当逮捕を紙面に書き立てると、厳しく税金を取り立てられていた国民の怒りは頂点に達し、全国の大都市で徴税反対のデモが勃発することになります。

 

またこの動きにはダネイホンの開発者である萬平への多くの国民の感謝も見られるようです。

 

これには進駐軍も驚いて、東京財務局を通じて萬平の訴訟の取り下げと追徴課税分の支払いを条件に彼の釈放を持ち掛けます。

 

つまり財務局の正当性を萬平が認めれば、自由の身になれるということです。

 

東はこの提案を受け入れることを勧めますが、萬平は断固戦うつもりでそれを受け入れるつもりはありません。

 

しかし「刑務所にいては世の中の役に立てない。死んでいるのも同然」との福子の言葉に心を動かされます。

 

そのため財務局の提案に応じて、無事釈放という流れとなります。

 

このように菅田将暉さん演じる弁護士の東太一は3つの大きな問題を解決するにあたってその手腕を発揮して、最終的には萬平を刑務所から救い出しています。

 

他の記事でご紹介しましたが、東のモデルは安藤百福が脱税容疑で逮捕され、所得税法違反で巣鴨プリズンに収監された際に、その弁護にあたった当時の京都大学法学部長の黒田覺教授ら6名の弁護団です。

 

とは言え、たちばな栄養食品に関するエピソードや東京財務局の追徴課税などもドラマオリジナルで実話ではありません。

 

だいたい社員に出していた奨学金の脱税に対する追徴課税が10万円というのもかなりのムリがありますね~(当初収めた7万円はあくまでも罰金で、これに対する追徴課税はあり得ないことです)

 

また安藤百福の弁護団の詳細なども明らかになっておらず、東に関するエピソードも多分にドラマオリジナルの流れとなります。

 

とは言え、次々と難題を解決していく彼の姿にはドラマも大いに盛り上がるはず。

 

菅田将暉さん演じる東の活躍にも期待ですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ