まんぷく|たちばな栄養食品解散のネタバレ!ダネイホンはどうなる?

 

朝ドラ『まんぷく』では、萬平が開発した栄養食品のダネイホンが全国的なヒットとなります。

 

他の記事でもご紹介しましたが、萬平が反乱罪容疑でMPに逮捕(無罪)されて釈放を機にたちばな塩業を閉鎖。

 

以降はたちばな栄養食品という会社を立ち上げて、ダネイホンの製造・販売に専念することになります。

 

そして世良勝夫のアイデアで「萬平印のダネイホン」として大々的に売り出され、取引先の京泉大学病院の推薦も取り付けると、ダネイホンは売れに売れることになります。

 

まさに絶頂期を迎えるたちばな栄養食品とダネイホンですが、まさかの結末を迎えることになります。

 

 

たちばな栄養食品解散のネタバレ!ダネイホンはどうなる?~最初の危機

 

スポンサードリンク



 

たちばな栄養食品に大きな衝撃を与えるのは、萬平の2度目の逮捕です。

 

今度の逮捕は脱税容疑です。

 

ダネイホンの販路を拡大する際に、たちばな栄養食品の東京支社を立ち上げて小野塚真一を営業本部長に任命しました。

 

さらに神部に加えて、元塩軍団の若手社員の堺や倉永、堀、小松原、松田の5名も東京支社に出向させます。

 

彼ら5名の出向は戦争のため満足な教育を受けていなかったことから、ダネイホンが売れて会社経営に余裕ができたら東京の学校に通わせるという福子の意向でした。

 

そしてダネイホンが売れたことから会社が奨学金を出して彼らを夜学に通わせたのですが、その奨学金が給与とみなされて所得税の源泉徴収もしていなかったことから、萬平が所得税法違反(脱税)の容疑で逮捕されてしまうのです。

 

そのため再び萬平は進駐軍のMPに逮捕されて起訴されることになります。

 

後の軍事裁判で判決は有罪となり、萬平には重労働4年と罰金7万円の実刑が下されることになります。

 

萬平は「萬平印のダネイホン」の広告塔にもなっていたので、新聞はこの件を大々的に取り上げて、たちばな栄養食品は大きなダメージを受けることになります。

 

奨学金を「給与」とみなされるのはまさに「曲解」といったところですが、脱税が横行していたため、有名人を捕まえて見せしめにする進駐軍の意図が多分に含まれていました。

 

しかし進駐軍相手に戦うことはできず、不本意ながら萬平は罪に服することになります。

 

さらには罰金の7万円が、たちばな栄養食品に大きくのしかかって来ることになります。

 

その頃には弁護士の東太一(菅田将暉)に委任しているのですが、彼のアドバイスは罰金を支払うために東京のたちばな栄養食品販売会社(東京支社)を売却することでした。

 

つまりダネイホンの販売会社を売却して罰金の資金を作って、以降は大阪のたちばな栄養食品でダネイホンの製造に専念するということです。

 

東の尽力もあって東京支社は罰金と同額の7万円で大手商社に売却でき、とりあえずは難をしのぐことができました。

 

東京支社の真一や神部、5名の若手社員も大阪のたちばな栄養食品に出戻ることになります。

 

ところが萬平やたちばな栄養食品の悲劇はこれに留まりませんでした。

 

たちばな栄養食品の解散のネタバレ!ダネイホンはどうなる?~2度目の危機

 

スポンサードリンク



 

なんと今度は東京財務局が脱税分の追徴課税として、10万円もの大金の支払いを要求してきたのです。

 

萬平の逮捕によってダネイホンの売上も落ち込んだこともあり、もはやそんなお金は払うことができません。

 

東もこの追徴課税は「不当」として払う必要はないと言います。

 

とは言え相手は国ですから、追徴課税を支払わなければ会社や工場を差し押さえられることは目に見えています。

 

また差し押さえとなってしまうと、全国の愛用者に栄養食品ダネイホンを届けられなくなってしまいます。

 

そんな危機的状況の中、東と協議して出した萬平の結論はダネイホンの商標と製造方法を売却して会社を畳むことでした。

 

工場や会社を他社に売却してしまえば東京財務局はそもそも差し押さえることはできなくなりますし、引き続きダネイホンを供給することは可能になります。

 

その上で東京財務局と争って、売却で得た資金で新たな事業をはじめる決断を下すのです。

 

またもや東の尽力で、ダネイホンの商標と会社や工場は12万円で売れることになりましたが、たちばな栄養食品は解散することになります。

 

そのため真一や神部、塩軍団の面々とはお別れとなり、泉大津の施設からも出ていくことになります。

 

萬平の思い付きではじめた塩作りがダネイホンに発展して、商品も大ヒットとなりますが、まさかの結末が待っていることになります。

 

以上がたちばな栄養食品の解散のネタバレとなりますが、このあたりはモデルの安藤百福の史実とは大きく異なります。

 

他の記事でもご紹介しましたが、ドラマの萬平と異なり百福が進駐軍に逮捕されたのは脱税容疑の1度きりです(ドラマの反乱罪容疑での逮捕はフィクション)

 

そしてその際に百福が経営していた泉大津の塩田施設や併設していた国民栄養科学研究所はすべて没収されています。

 

またダネイホンのモデルは百福が開発した「ビクセイル」という栄養食品ですが、そもそもあまり売れずに一部の病院食に採用された程度でした。

 

ドラマではダネイホンは一般的な栄養食品として全国に販売されますが、それはドラマオリジナルのストーリーです。

 

もちろんダネイホンの販売会社の東京支社なども実在はしません。

 

加えてドラマでは東京国税局の追徴課税がたちばな栄養食品に引導を渡すことになるのですが、こちらも史実ではなくドラマオリジナルのストーリーです。

 

ドラマではまさに「ドラマチック」というほど急転直下で物語が転がることになりますが、このあたりは目が離せませんね。

 

最高級クリスマスケーキ・誕生日ケーキなら全国宅配のカサミンゴー

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ