まんぷく|チャーリータナカ役の岡崎体育は日系人?モデルや役どころ

 

朝ドラ『まんぷく』には、萬平を反乱罪で逮捕するMPのひとりチャーリー・タナカ役でミュージシャンの岡崎体育さんが登場します。

 

タナカは他のMPのビンガムやメイに比べて下っ端で、主に拘束した萬平や塩軍団のメンバーの監視にあたることになります。

 

そんなタナカを演じる岡崎体育さんはどのような人物なのでしょうか?

 

タナカの役どころやモデルとともにご紹介します。

 

チャーリータナカ役の岡崎体育は日系人?モデルや役どころ

 

スポンサードリンク



 

岡崎体育(おかざき たいいく)

 

 

198973日生(29歳)

兵庫県西宮市出身

本名は岡亮聡(おか あきとし)

 

岡崎体育さんは同志社大学在学中から音楽活動をはじめ、26歳だった2016年にメジャーデビュー。

 

デビューアルバムがいきなりオリコンで9位になるなど注目されて、2017年にリリースしたセカンドアルバム「XXL」がオリコン2位のヒットとなります。

 

またライブでのパフォーマンスを「口パク」と告白したり、ミュージックステーションに出演した際も「口パク」だったなど、様々な意味で注目されており、「商業音楽界の革命児」とも呼ばれている人物です。

 

岡崎さんは誰? という方に、YOUTUBEの動画をご紹介します。

 

 

岡崎さんは「電気グルーヴ」をもっとも尊敬しているそうで、ちょっとテクノの影響を受けたサウンドが特徴的ですね♪

 

そんな岡崎さんが演じるのがMPでカリフォルニア生まれの日系人のチャーリー・タナカです(岡崎さん自身は生粋の日本人で日系人ではない

 

タナカはどうやら日系人ということを恥じている複雑なキャラクターで、終始萬平たちに厳しく当たります。

 

上司であるビンガムやメイが徐々に萬平たちに心を開いていくのですが、タナカはちょっと違うようです。

 

タナカはそんなひねたキャラクターなので、「存在するだけで鼻につく」とも言われている岡崎さんが起用されたようです。

 

岡崎さん自身も「生意気なキャラクターを演じられるよう尽力します」とインタビューで語っており、なかなかキャラの立った役になりそうです。

 

そんな岡崎さんが演じるタナカですが、最終的には萬平が無罪放免された時に、自分の子供がダネイホンをお気に入りであることや言うほどにまずくないことを萬平に伝えています。

 

萬平たちに厳しくあたるタナカですが、最後には根っからの悪人ではないことも描かれるようです。

 

ちなみにタナカやビンガム、メイなどのモデルは昭和23年(1948年)1225日に安藤百福を脱税容疑で拘束した進駐軍のMPです。

 

とは言え彼らについては何も資料がないことから、ほぼドラマオリジナルの登場人物で、モデルはいないと言っても差し支えないでしょう。

 

岡崎さんの生意気なタナカの演技にも期待ですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ