まんぷく|真一さんの驚きの今後のネタバレ!ドラマでの重要な役割とは?

 

朝ドラ『まんぷく』では、萬平や福子の義理の兄である「真一さん」こと小野塚真一(大谷亮平)が未だにちょくちょくドラマに顔を見せます。

 

周知のとおり妻であった咲は亡くなってしまいましたが、立花家や香田家との関りは断たずに、時として倒れてしまった香田忠彦を説得するのに一役買うなどなかなか重要な役割も果たしています。

 

そんな真一の今後のネタバレをご紹介します。

 

実は真一は今後はドラマでもかなり重要な役割を果たすことになります。

 

 

真一さんの驚きの今後のネタバレ!ドラマでの重要な役割とは?

 

スポンサードリンク



 

まず証券会社に勤務していた真一ですが、失業してしまうことになります。

 

何でも彼の勤務していた証券会社は財閥系の会社だったらしく、GHQによる財閥解体のあおりを受けて倒産してしまうからです。

 

今井家の婿の中でも唯一、堅気の仕事をしていた真一は義母の鈴の自慢でもありましたが、皮肉にも職を失うことになってしまうのです。

 

ところがそんな真一にオファーを出すのは萬平です。

 

ちょうどその頃はたちばな塩業の経営も軌道に乗って、さらには栄養食品の「ダネイホン」の開発に成功するのですが、萬平には売り方がわかりません。

 

また萬平は根っからの研究者肌であることから、商品の開発に専念するほうが得策と考えて、商売は信用できる誰かに任せることになります。

 

そこで白羽の矢が立つのが失業中の真一ということになるのです。

 

この話は真一にとっても「渡りに舟」でした。

 

と言いますのも彼も証券会社時代の会社の利益追求主義にうんざりしており、様々なことにチャレンジをする萬平や福子のことを陰ながら羨ましく思っていたのです。

 

そのため交渉はスムーズに進んで、真一はたちばな塩業に入社することになります。

 

正確には塩作りと並行して立ち上げた立花栄養食品研究室の経理兼営業職に就いて、栄養食品のダネイホンを売ることが彼の仕事になります。

 

そして他の記事でもご紹介した通り、萬平の反乱罪容疑での逮捕をきっかけにたちばな塩業は閉鎖して、たちばな栄養食品にシフトしていくことになります。

 

スポンサードリンク



 

以降はダネイホンの製造と全国販売に専念することになるのですが、その際には新たな拠点として東京に支社を構えることになります。

 

「たちばな栄養食品販売会社」と名付けられる東京支社の責任者に任命されるのが、真一なのです。

 

東京支社では真一の右腕として神部も出向することになり、「塩軍団」の若者5名も一緒に向かうことになります。

 

このように大手証券会社に勤務して数字に強かった真一は、たちばな栄養食品の強力な戦力となって、ダネイホンの全国販売に尽力することになるのです。

 

これは商売人になり切れない萬平にとっても朗報ですし、真一もドラマでも最後のほうまで登場しそうですね♪

 

ちなみに真一のモデルとなっている安藤晃江(あきえ・咲のモデル)の旦那の久保健治ですが、晃江の死後の消息は不明で安藤百福の日清食品に関わったという記録などもありません。

 

ですがドラマの真一さんは大きな見せ場となるインスタントラーメンの開発や販売にも関わることが濃厚ですから楽しみですね♪

 

彼の今後の大活躍にも期待です!

 

最高級クリスマスケーキ・誕生日ケーキなら全国宅配のカサミンゴー

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ