まんぷく|神宮幸之助(麿赤児)のモデルは井上安正元中将!

 

朝ドラ『まんぷく』では、萬平は軍需物資のジュラルミンを横領して闇市場に流した容疑で憲兵隊に逮捕されてしまいます。

 

他の記事でもご紹介しましたが、これは理創工作社の共同経営者・加地谷と憲兵隊の村城がグルになった濡れ衣です。

 

とは言え萬平の拘留は1か月以上に及んで、殴る蹴るの暴行を受けてしまいます。

 

そして福子の頼みで大阪商工会会長の三田村が動いて、元陸軍大将の神宮幸之助(麿赤児)に萬平の救出を依頼。

 

さすがに元陸軍大将の出馬だけあって、数日もしないうちに事件は解決して萬平も釈放されることになります。

 

このあたりのエピソードは安藤百福の実話に基づいており、神宮幸之助のモデルとなった人物は元陸軍中将の井上安正です。

 

 

神宮幸之助(麿赤児)のモデルは井上安正元中将!

 

スポンサードリンク



 

まず神宮幸之助のモデルとなっている井上安正元中将については、出自などの詳細も定かではありません。

 

しかし安藤百福とは以前から親しい間柄にあったようです。

 

そして百福は戦時中に軍用機のエンジンの部品を製造する会社を共同経営していたところ、軍需物資横領の容疑で憲兵隊に拘束されていまします。

 

他の記事でもご紹介しましたが、実際に横流しをしていたのは共同経営者のMという男(加地谷圭介のモデル)で、その親戚である憲兵隊のK伍長(村城のモデル)とグルになって百福に横領の罪を着せようとしたのです。

 

百福は憲兵隊による激しい拷問を受けて自白調書にまで押印を迫られますが、これを拒否したことから勾留は45日にも及びました。

 

ところが衰弱しきった百福に明日釈放されるという同房の男が同情し、「何かできることはないか?」と持ち掛けます。

 

そこで百福は知り合いの井上元中将にこの窮状を伝えてほしいと依頼しますが、その翌日には井上は憲兵隊に現れています。

 

井上の力で百福はあっさりと解放されたばかりか、後の調査でMK伍長の関係も判明し事件は解決します(その後にMK伍長がどうなったのかは不明)

 

このように実話でも井上が出馬したことから百福が解放されたばかりか、事件も解決しています。

 

スポンサードリンク



 

その後しばらくして百福は吹田市千里山の自宅から兵庫県の上郡に疎開するのですが、憲兵隊から救い出してくれたお礼に井上を招いています。

 

そして当時としては非常に貴重だった鹿肉を入手して、すき焼きにして井上に振舞っています。

 

ところが井上は食べ過ぎてしまい、夜通し腹痛で苦しんだという後日譚もあります。

 

ところでドラマのように百福の妻の安藤仁子(まさこ)は、この件について何かしていないの? という疑問も生じるかもしれませんが、仁子は何もしていません。

 

と言いますのも、この時点で2人は結婚はおろか、出会ってもいないからです。

 

その後に井上が百福に「そろそろ身を固めたらどうか?」ということで引き合わせたのが、当時京都の都ホテルでフロント係を務めていた仁子だったのです。

 

このように井上安正元陸軍中将は2つの意味で安藤百福の恩人なのです。

 

中将まで昇進した人物であるにも関わらず、詳細がほとんど不明なのは残念ですが、彼がいなければ憲兵隊から解放されたかどうかや仁子と結婚したかどうかも疑問でしょう。

 

ドラマでの麿赤児さん演じる神宮幸之助の活躍にも乞うご期待ですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ