まんぷく|今井福子(安藤サクラ)のモデルは安藤仁子!どんな人物?

 

朝ドラ『まんぷく』で安藤サクラさんが演じるヒロインは今井福子という女性。

 

安藤さんは既婚者で30歳を過ぎており、NHKの朝ドラとしては藤山直美さん(芋たこなんきん)やシャーロット・ケイト・フォックスさん(マッサン)などと並ぶ型破りなヒロインとなりそうです。

 

そんな福子のモデルとなっているのは、日清食品の創業者・安藤百福(ももふく)の妻の安藤仁子(まさこ)です。

 

周知の通り百福はインスタントラーメンの開発者で、チキンラーメンやカップヌードルなど、現在でもベストセラーとなっている商品を手掛けたことで知られています。

 

その妻で福子のモデルとなっている仁子についてご紹介します。

 

 

今井福子(安藤サクラ)のモデルは安藤仁子!どんな人物?

 

スポンサードリンク



 

安藤仁子(あんどう まさこ)

 

 

1917816-2010317日(没年92歳)

 

安藤仁子は大正7年(1917年)に大阪府で生を受けています。

 

実家は福島県の二本松神社の神職の家系で、この神社は二本松藩時代には総鎮守とされていた地元では名門の神社です。

 

また先祖には昌平坂学問所で教授をして、吉田松陰らにも影響を与えた安積艮斎(あさか ごんざい)がいます。

 

父親は安藤重信、母親は安藤須磨で3人姉妹の末っ子です。

 

父親の重信は早稲田大学を出たエリートで、次男だったことから当初は宗像家に婿養子に出されますが、任された事業がうまくいかなかったことや自身の散財などもあって離縁されてしまいます。

 

そのため再起をかけるために大阪に出てきますが、そこで妻となる須磨と出会っています。

 

母親の須磨は鳥取藩士の家柄で教師になる夢を叶えるため大阪に出て来ており、後に重信と結婚しています。

 

幼少期は重信がはじめたタクシー会社の事業が好調で裕福な暮らしをしていますが、7歳頃から父親の事業が低迷して経済的に苦しい生活を強いられています。

 

それでも教育熱心だった母親の須磨は3姉妹を高等女学校に進学させて、仁子は大阪の金蘭会高等女学校(現在の金蘭会高校)を卒業しています。

 

当時は1930年代前半ですから、高等女学校に通学する女子生徒はまだまだ珍しかった時代です。

 

仁子は女学校時代は成績が優秀で、スポーツも得意だったようで競泳と高飛び込みの選手をやっていました。

 

ただし3年生になった頃に家計は一層苦しくなったことから1年間休学して、大阪電話局に就職。

 

1年後に復学した後も電話局と掛け持ちだったことから、6年かけて高等女学校を卒業しています。

 

18歳で女学校を卒業した後は、京都のホテルに電話交換手として就職します。

 

ホテルでの勤務態度が社長に評価されてフロント係に抜擢されて、後に結婚する安藤百福と出会っています。

 

百福はこの仁子に一目ぼれをしてプロポーズをしますが、当時は台湾籍(名前も呉百福だった)だったことから仁子はなかなか首を縦に振りませんでした。

 

しかし1945年(昭和20年)にふたりは結婚します(当時の仁子は28歳、百福は35歳)

 

スポンサードリンク



 

で、結婚後は百福は様々な事業に取り組みますが、それを内助の功で支えています。

 

昭和21年(1946年)に百福は泉大津で失業した若者を支援するために製塩事業にとりかかりますが、仁子は母親の須磨とともに家事や若者の世話を引き受けます。

 

余談ですが仁子は親孝行で若い頃から母親の須磨を絶対に食べさせていくと誓っており、結婚後も須磨を引き取って世話をしています(父親の重信は昭和16年に亡くなっている)

 

さらに百福がチキンラーメンを開発した時に、彼女が天ぷらを揚げている様子を見て着想を得たことが語り継がれています。

 

チキンラーメンが完成した頃の百福は資産に乏しかったことから、仁子を筆頭に家族総出でこれを製造しています。

 

チキンラーメンが爆発的に売れて日清食品の経営が軌道に乗った後は、仁子はあまり表に出て来なかったことから、あまり主だったエピソードはありません。

 

また百福はかなりの関白亭主で、ビジネスのためなら家庭を顧みなかったので、仁子は家事や育児全般を任されており、まさに典型的な家庭を守る女性でした(当時としてはこれは普通ですが)

 

そのため仁子は様々なビジネスを立ち上げて失敗し、最終的にはインスタントラーメンで成功した夫を支え続けた「糟糠の妻」といったイメージでしょうか?

 

(晩年の安藤夫妻)

 

子供は実子である長女の明美、次男の宏基(ひろき)のほか、百福の台湾時代の妻との子供の宏寿を引き取って長男として育てています。

 

仁子も母親の須磨と同じように非常に教育熱心で、こと3代目の日清食品の社長になる宏基からは「鬼の仁子」と呼ばれています。

 

仁子と百福はともに長寿でしたが、平成17年(2007年)に百福が96歳で亡くなると、その3年後平成20年(2010年)に仁子も92歳で亡くなっています。

 

長々となりましたが『まんぷく』のヒロイン福子のモデルとなっている安藤仁子について簡単にまとめていました。

 

チキンラーメンがヒットするまでは仁子に関するエピソードも豊富ですし、百福に関しましてはかなりのエピソードがあるので、その都度ご紹介いたします。

 

いずれにしても仁子がモデルの今井福子が、どのようなキャラクターとして描かれるかについては興味深いところですね♪

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ